歩いてますか??

1

 

 

 

こんにちは!トレーナーのよこいです!!

皆さま、普段歩いてますか??

運動不足解消やダイエットをする為にトレーニングは欠かせません。数ある運動の中で「歩く」ことは、取り組みやすくとても簡単でかつ安全です!

しかし、だらだらと歩いていても大した効果は望めません。

正しいフォームでシャキシャキと速く歩くことでトレーニング効果が上がります!

フォームの注意点は、かかとから着地しないことです。 缶を踏み潰すイメージで足裏全体で着地し、地面を押していきます。

そうすれば、太腿の前面やふくらはぎより、推進力を生み出すお尻と太腿の裏側が使えるので、長い時間歩いても疲れにくくなります。

また、脂肪をエネルギーとして使うためにある程度、速く歩いて心拍数も上げていきましょう!「はぁ、はぁ」と呼吸が上がりつつも会話ができるくらいが、ちょうど脂肪をエネルギーとして使用している目安になります。

もちろん、心拍計があれば計りながら歩いても良いですね!(心拍数は年齢や体力レベルで異なりますが、120~150くらいを目安にして下さい)

さらに、坂道を利用すると筋力アップも望めますので、是非トライしてみて下さい!階段でも同等の効果が得られますよ!!

 

トレーニングについてもっと知りたい方はこちら

トレーニングアイテムの紹介

 

トレーナーのしんじょうです!!

 

今回はこちらのトレーニングアイテム“バランストレーナー”について

 

 

IMAG0148

 

 

 

 

このバランストレーナーはバランス感覚を高めるトレーニングアイテムです。

プロアスリートやオリンピック選手がトレーニングに用いているのをメディアなどでも見かけたことがある方もいると思います。

これを使ってバランストレーニングをおこなうことで、関節周囲の筋力、柔軟性、反応性を高めることができます。

スポーツをおこなう際には、適切な姿勢を保つ能力(ボディコントロール能力)が向上しますし、

日常生活においてはしっかりと立ち、歩くといった生活機能が向上します。

 


しかもトレーニングのバリエーションがかなり豊富です。

 

例えば・・・

 

IMAG0150

 

普段おこなっているスクワットをこの不安定なバランストレーナーの上でやったり、

 

IMAG0152

 

支持脚が不安定な状態でバックランジをやることで、より正しい重心の位置を感じることができ、

足裏のバランスセンサーも磨かれます。

 

IMAG0154

 

また上写真のように体幹トレーニングにも活用できます。

 

まだまだ活用法はありますので、実際のトレーニングでぜひ体感してください!!

 

さらに当施設でおこなっているトレーニングの例を画像でご覧になりたいかたはコチラから

 

 

股関節

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

当施設のトレーニングは、下半身では主に股関節を中心に鍛える方針となっております。

理由としては、ほとんどのスポーツが股関節を中心として動きで成り立っているからです。

とくにスポーツをされていない方についても同じことが言えます。

股関節を上手く使えていない方は、基本的に太ももの前側の筋肉を使いますから

その前側が発達してしまいます。

女性の方でしたら、あまり前側がたくましく発達してしまうのはイヤですよね?

脚のシルエットが崩れてしまいますし….

 

ですから、股関節を徹底して使うというわけです。

股関節を使えば、自然と太ももの裏側とヒップの筋肉を使えますから、

脚のシルエットが綺麗になり、ヒップも引き締まります。一石二鳥というわけです。

階段を上る時や歩く時なども股関節を意識すると、日常生活がトレーニングの場となります。

ぜひ、意識してみてください☆

股関節とゴルフの関係性について、もっと詳しく知りたいという方は、こちらを見てみてください。