水分補給のお話

-1038

「2%の水分を失うだけで、パフォーマンスは約30%低下する」。

こんなキャッチコピーのついたスポーツ飲料のCMを目にしたことはないでしょうか?

私たちの体の約60%は水分で出来ており、

たった4%の水分を失っただけでいわゆる脱水状態になってしまいます

通常、口からとり込んだ水分は大腸や小腸で吸収された後、

血液や体液となって全身で使われます。

水分は体内に留まることはできず、絶えず尿や汗、呼気となって排出されるため、

脱水症状にならないためにも、とくに夏場など汗をかきやすい時期には、

水分をこまめにとり込むことが必要になります

脱水状態になると、筋肉の機能や心臓の機能も低下しますので、

関連して運動のパフォーマンスも落ちてしまいます。

では水分補給にはどのようなドリンクが適しているのでしょうか。

職場や家にいる時などは、お水が無難でしょう。

お茶やコーヒーにはカフェインが含まれるため利尿作用がありますし、

ジュースやスポーツ飲料は糖質の過剰摂取になるため継続的に飲み続けるには向いていません。

ダイエット時の水分補給は、断然、白湯(さゆ)がおすすめです

白湯を飲んで内臓機能を温めることで、血流が良くなります。

内臓の温度が1℃上がると基礎代謝も約10~12%上がると言われているので、

脂肪が燃焼されやすくなります。

我々も実際に白湯によるダイエットを試みた結果、スムーズに燃焼が進んだと確信しています。

運動時の水分補給については、

運動時間が1時間程度であれば水以外の飲み物を摂取する必要はありません

もし飲むのであれば一般的なスポーツドリンクを薄めて飲むことをお勧め致します。

運動中の水分補給のタイミングの目安としては、20分ごとに約200ml(コップ1杯)程度の、

水分を取るようにすることです

例えば、一般的なマラソン大会では4~5㎞ごと(20~30分程度)に給水所が設けられており、

適切に水分補給ができるようになっています。

このように上手に適切な水分をとることは、体の状態をいいコンディションで保つことにつながります。

のどが渇いた頃には、既に体内の水分減少が深刻になっている場合が多いため、

のどの渇きを実感する前に水分補給をするよう心がけることがコツです

 

体験者の声 ~50代 女性~

0523

※上記画像は、イメージであり実際の体験者ではございません。

 

体験者 I様 ~50代 女性 ~

私のトレーニングに対する目的は、体力アップです。

年々、体力が落ちるのを感じて一年発起して半年前から通っております。

私のトレーニングの内容は、筋力トレーニングと体の動作改善です。

トレーニングをしたことがない私は、パーソナルトレーニングというと、

どうしてもきつい筋力トレーニングを想像してしまうのですが、

こちらで行うトレーニングは、もちろん筋力トレーニングも行うのですが、

関節の動かし方や、筋肉の適切な使い方なども丁寧に教えてくださいます。

通い始めた当初は、股関節や肩甲骨周りの使い方がイマイチわからなかったのですが、

3ヶ月が経った頃、あきらかに階段を上ったときに筋肉の使い方が変わったことを実感しました。

いままでは、モモの前ばかりをつかって膝周りが痛くなっていたのですが、

お尻の筋肉を使っていることを感じられたのです。

それと、効率が良くなったのか、息切れも全然しなくなりました。

体重も、食事制限などはしていないのですが、2キロほど減りました。

以前から、「大きい筋肉を適切に使えるようになれば、自然と引き締まりますよ!」、

とトレーナーさんにいわれていたのですが、本当に引き締まったことに驚いております。

今までは、自分の身体を適切に使えていなかったのですね。

そういった意味でも、こちらのパーソナルトレーニングは誰しも受ける価値があると思います。

通う頻度も、週一ペースで十分といわれているので、私にはこの点も合っています。

今後も、週一のトレーニングを楽しみに通おうと思っております!

 

アームリングで行うトレーニングのお話

DSC04330

皆様からよく「どのようなトレーニングを行うの?」、

という質問が多いので今回は、アームリングで行うトレーニングをご紹介したいと思います。

当施設が考えるトレーニング内容は、体の機能性を高めることを重要視しております。

機能性を高めるのですから、効率のいい体の使い方を覚えてもらうことになるのですが、

実は機能性を高めるようなトレーニングを行うと確実にスタイル(容姿)も良くなるのです

具体的にまずは、股関節を正しく使えるようになることを目指します。

股関節を使えるようになると自然とヒップを使うようになるのでヒップアップします。

また、ヒップを使うようになると、モモの前側を使わなくなるのでここは細くなります。

もちろん、負荷もかけていくので、筋力も確実にアップします

それと、同時進行で、体幹部の安定度を増し、肩甲骨周囲の筋肉の使い方も覚えてもらいます。

このようなトレーニングを、マンツーマン・室内貸切でしっかり行いますので、

運動経験の有無を問いません。目指すべき効果は、「快適な体」を獲得することです

実際にトレーニングを受けてみたい方は、

体験コースをご用意しておりますので、まずはこちらからお申込みください。

店舗は、千駄木店と茗荷谷店のどちらかになります。

http://www.armring.net/postmail/postmail.html#A

対象は、ダイエット・体力向上・関節の痛みなどの改善・ゴルフなどの競技力向 etc

次回以降のブログで目的別のトレーニング内容をご紹介したいと思っております^^

 

※体幹部もしっかり鍛えてまいります。

1158

 

※トレーニング終了後は、ストレッチにてじっくりほぐしていきます。

1233-001