「太もも」と「二の腕」のお話

ダイエットを始められる方に「どこを引き締めたいですか?」という質問をすると、

必ずと言っていいほど挙げられるのが「太もも」と「二の腕」です。

この2つはいずれも痩せにくい場所としても知られていますが、

それぞれの特徴を知ることで対策が可能です。

太ももが太くなる原因は、「むくみ・セルライトの蓄積・筋肉太り」の3つに分けられます。

むくみは、血の巡りが悪くなり、リンパ液や老廃物などが下半身に溜まってくることで起こります

特に女性は男性に比べて筋肉の量が少ないので、リンパなどの流れが悪くなり、

むくみやすい状態にあります。同じ姿勢をしていることが多い人や常に太ももが冷たいという人は、

むくみが原因と考えられます。

次にセルライトですが、脂肪細胞に老廃物が絡み合って燃焼しにくくなった状態のことを言います

普通の脂肪は運動で燃焼できても、セルライトになってしまった脂肪はなかなか燃焼できません。

太ももの表面がオレンジの皮のようにくぼんで見える人は、セルライトが原因と考えられます。

最後に筋肉太りですが、これは筋肉が太くなる事ではありません。

運動をしていた人が、運動を辞めることで筋肉を使わなくなり、

筋肉が脂肪に変わってしまうことを言います。何年もスポーツをしていて、

現在はやっていないという人は、注意が必要です。

次は二の腕について整理していきましょう。

二の腕のたるみの正体は、多くの場合、上腕三頭筋という筋肉の衰えによるものです

腕は普段の生活の中でよく使うので筋肉の衰えと言われてもピンとこないと思いますが、

物を持つなど普段の動作で使われるのは圧倒的に上腕二頭筋(力こぶの筋肉)です。

上腕三頭筋(物を押したりする時に使う筋肉)は、なかなか使われません。

使われない筋肉は当然衰えます。そして筋肉が落ちた分、そこには脂肪がつくという悪循環になります

太ももが太くなったり、二の腕がたるむ原因の多くは、筋肉を使わないことによる衰えや、

それによる決行不良が原因です。太ももや二の腕を引き締め細くする為には、

筋肉を落とさないことが重要なのです

このように、体の構造を考えると、筋肉は“動かすこと前提”でつくられていますので、

運動不足は様々な弊害をもたらします。ですから、運動をして筋肉を落とさない努力をすることは、

最高のアンチエイジングといえるかもしれません。運動をしている人が若々しくみえるのは、

このようなことが影響しているのかもしれませんね^^

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタッフが最近読んだおすすめ本

2015-01-11 02.12.20

広告業界の舞台裏と主人公の生い立ちというそれぞれの話がテンポよく、

読み手を引き込んでいきます。

主人公を取り巻く女性上司と部下や同僚との企業小説としての面白さも、

おすすめのポイントです。

著者藤原氏の他の作品の登場人物が、この小説にも再登場している粋な演出が気に入りました。

上下巻、あっという間の面白さでした。

パーソナルトレーナー 加藤憲子

「冷え性」のお話

冷え性と言うと、冬の寒い時期だけだと思っている方も多いと思いますが、

実は夏の汗をかくような猛暑日でも冷え性を発症している方は、

たくさんいると言われます。

冷え性を改善するには、まずは冷え性がなぜ起こるのか、

その理由をしっかりと理解しておく必要があります。

最近はダイエットや偏食、または食事の多様化などによって、

体を温める効果のある食べ物を摂る機会が減り

同じく熱を発生させる為に必要な筋肉の働きが少なく、

基礎代謝が下がっている事が冷え性の原因です

また、クーラーや暖房の設備に頼りすぎていると、神経機能が鈍り、

皮膚から脳に「冷たい、寒い」などの情報がうまく伝えられなくなるというように、

自立神経がうまく機能しなくなる事も原因の一つです

私たちの体は、体温を一定に保つ、恒常的な仕組みになっています。

食事や運動などによって、エネルギーとして生まれた熱が、

血液に乗り体全体に循環していくことによって、体は温かくなっています。

ですから、熱を作りだす働きと熱を体全体へ送る機能が順調に機能していれば、

体が冷えに悩まされることはないのです

では、自分で行うことができる冷え性改善の方法について解説していきます。

まずは、体を温める食べ物を習慣的に摂る事で冷え性を改善する事ができます。

体を暖める食べ物を「陽性」(逆に冷やすものを陰性と言います)と言い、

主に寒い地方で採れる物や冬に採れる作物が多いのが特徴です。

例えば、人参やジャガイモなどの根菜類や、ハムやソーセージなどの加工された肉類、

熱を加えると更に効果が上がる生姜やネギが冷え性改善に効果があると言われています

もちろん食事のバランスも大切ですが、

特にたんぱく質を意識して摂る事が良いとされます。栄養素的に炭水化物や脂質より、

熱を発生しやすいのがたんぱく質と言われています。

次に大事なことは、やはり運動する事です。運動することによって体内の血行が促進され、

血流が体を内部から温めることになります

また、体を動かして汗をかくことで、皮膚機能が活発になり、熱を帯びることになります。

さらに、運動によって全身の筋肉を動かすことで必要な筋肉もつき基礎代謝も上がります。

また、運動は自律神経の働きを活発にさせる働きもありますので、

体の発熱をコントロールする機能を高めるにはもってこいです。

以上のように運動を積極的に取り入れると、冷え性が緩和し冷えにも強くなっていきます。

ちなみに、一般的に冷え性は女性に多い症状とされています

なぜ女性に多いかと言いますと、女性は男性に比べると、熱を作り出す筋肉が少ない、

皮膚の表面温度が低い、貧血や低血圧の人が多い事などがその理由と考えられています。

また、月経の影響などで、腹部の血流が滞りやすいといった事も、

女性に冷え性が多い理由と言われていますので、冷え性の方は、上記の対策が大事ですね^^

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタッフが最近読んだおすすめ本

image1

元プロ格闘家で、現在は作家・アーティスト・拓殖大レスリング部監督など、

様々な分野で活躍される須藤元気氏が初めて書いた本です。

本作では、四国八十八ケ所巡り(お遍路)を行った際の出来事を綴っています。

元格闘家でありながら、ここまで人を惹きつける文章力がある事に大変驚きました。

合間にあるお寺の写真も幻想的で素敵でした。

パーソナルトレーナー 大坪

 

体験者の声 ~40代 女性~

0123

※上記画像は、イメージであり実際の体験者ではございません。

 

体験者 T様 ~40代 女性 ~

 

もうかれこれ、アームリングさんにに通いだして、丸2年が経ちます。

私の目的は、ダイエットとかではなく、体型の維持です。

年々筋肉が弱くなっているのを実感し、それに伴い体形が変わってきたので、

これはまずいと思い通うことを決めました。

通い始めてちょうど半年たつ頃に、知人に姿勢が変わったと驚かれて自分も気づきました。

最近では、確実にお尻の筋肉や背筋がついたのを実感します。

もちろん体力も格段についたことは間違いありません。

アームリングさんは、本当にしっかりと(かつ丁寧に)運動指導をしてくださるので、

私にはぴったりです。それと、毎回ストレッチでカラダをほぐしてくださるので、

それを楽しみにトレーニングもがんばれます(笑)

今後も、週一ペースでトレーニングに励もうと思っております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタッフが最近読んだおすすめ本

無題

以前、同作の舞台を鑑賞したこともあり、あらためて小説を読みたくなり、再読。

タイトルにある“オーデュボン”って一体何??というのに一番最初に興味を惹かれました。

登場人物が全員“超”個性的で、断片的な物語が組み合わせって最後につながる感じで、

とても面白く読みました。伊坂幸太郎の小説は映画化させているものもいくつかあって、

好きな作品がたくさんありす。こちらも、おすすめです。

パーソナルトレーナー 新城

運動(走る)時に起こるお腹の痛みについて

0472

皆様も心あたりがあるかもしれませんが、

走っていると急に横腹が痛くなった経験はございませんか?

今回は、この走る際にあらわれる横腹の痛みを部位別に説明してまいります。

また、後半ではその対処法や食事に対する注意点なども併せて説明してまいります。

まずは、左下腹部の痛みです。これは、脾臓(ひぞう)が原因だと言われています。

脾臓には血液を蓄える機能があります。

筋肉が大量の酸素を必要とするランニングなどの運動には、心臓の供給量だけでは血液が足りず

脾臓に蓄えられていた血液を体内に送り出します。

そして、急速に収縮して十分な酸素を筋肉へ送り届けようとします。

痛みの原因のひとつには、この脾臓の急激な収縮にあるようです。

また、運動直前に食べ物を摂取すると、胃に血液を集中させ消化活動を行います。

その状態で運動すると、胃に血液が集中する分、手足などの筋肉に流れる血液量が不足します。

そして、血液が不足した分を脾臓が働くことにより補います

すると脾臓の中に蓄えてあった血液が急速に送り出されます。

この急激な収縮が左下腹部の痛みとして表れると言われております。

そのために、空腹時に比べ満腹時は、お腹が痛くなりやすいというわけです。

次は右横腹の痛みです。この部位に関しては、強い痛みが走り始めにでたり、

スピードを上げるとでるという特徴があります。

右横腹には肝臓、胆嚢、横隔膜があります。

そして、ランニング時のこの痛みは横隔膜の痛みだといわれています。

ランニングで重い肝臓が大きく揺れて横隔膜が引っ張られ、軽い炎症をおこして痛みが発生します

上腹部中央の痛みは、殆どが胃に関係する痛みです。

ランニングで胃が激しく揺れ動く等で胃に行く血液の循環が悪くなる為に痛みが発生します。

走る前の食事の摂り方に注意することが大切です。

ランニング直前には、胃に長く停滞する食品や刺激物を避けることです。

 

腹痛が起こった時の対処方法として、

右脇腹が痛み出したら右手を高く上げてそのまま反対側に身体を反らす

左脇腹が痛むときは左手をあげて反対側へ反らすといったストレッチが効果的です。

また、走るなどの運動を止めて深呼吸を繰り返して、

腹部へ送られる酸素の量を増やすと酸素不足による腹痛は解消されます。

予防法としては、走る前に少しだけ脈拍が上がるくらいの軽運動をすることが重要です。

また運動前1~2時間は大量の食事摂取は控え消化のよいものを選び、胃腸の負担を軽減しましょう。

水分の補給に関しては、30分前に済ませておくと良いでしょう。

また、腸内ガスが発生し易い芋類、炭酸飲料などの摂取は控えることも大事なことです。

このように、体は筋肉ならびに臓器も含めて密接に繋がっております。

恒常性という常に一定に機能を保つシステムが体に備わっているので、

横腹が痛むというのも恒常性が働いている証拠なのです。

運動時の横腹の痛みを完全になくすことは不可能ですが、

運動不足の人ほど恒常性の働きが活発になり、横腹の痛みをおこしやすくなります。

やはり、普段からの運動が大切になってくるのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~スタッフが最近読んだ、おすすめ本~

大正・昭和・平成と激動の時代を生き抜いた伝説の大泥棒の物語。

想像していた内容と、違ってこんなにかっこいい集団があるのかと。

すらすら読めてしまいました。2巻もいきます。

パーソナルトレーナー 加藤