あらゆる競技に共通する動きとは・・・

DSC02399

 

 

前回、競技によって必要な筋肉が異なることから、その競技に最適な体型も様々だ

ということを書かせていただきました。

しかし唯一、全スポーツに共通する“必要な筋肉” があります。

それは、下半身の “臀部の筋肉” と “腿の裏側の筋肉” です。

 

股関節の動きは、ほぼ全スポーツ共通です。

ですから、必要な筋肉も下半身においては一緒なわけです。

 

とくに、下半身の筋力が大事な、野球、ゴルフ、陸上の選手などは、

共通して臀部と腿の裏側の筋肉がとても発達しています。

これは、種目は違えど、股関節の動きは本質的には一緒であることを意味しています。

 

当施設では、とくにスポーツをする方には、この股関節の動きに力を入れて

指導させていただいております。

それは何故かというと、繰り返しになりますが、正しい股関節の動きをマスターすれば

スポーツでのパフォーマンスが飛躍的に伸びるからです。

 

ちなみに、スポーツをしない方でもヒップアップして、足全体が引き締まってきますので

股関節を意識したトレーニングはおすすめです!

 

トレーナー 大坪

「筋肉を大きくする=競技力がアップする」?

1217

 

 

昨今、様々なスポーツ種目で、さらなる競技力アップの手段としてウエイトトレーニングが

導入されるようになってきました。

ですが、必ずしも 「筋肉を大きくする=競技力がアップする」 であるかと言うと、

実はそうではないのです。

 

テレビなどでトップアスリートの体を観察してみていただきたいのですが、

種目によっては全くと言っていいほど体型が違います。この事から何が分かるかというと、

そのスポーツによって “必要な筋肉” と “そうでない筋肉” があるということです。

要するに、スポーツを行っている方は、種目が違えば目指す体は当然違ったものに

なっていくのです。

 

その点を踏まえてトレーニングを行っていかないと、せっかくトレーニングを頑張って

筋肉を付けたとしてもその体型が種目に適していなかったとしたら、

返って競技力を落としてしまう場合もあります。

我々もそういった点を踏まえながら、柔軟なトレーニング構成ができるように

日々体の動きを研究しております。

 

ただ、様々なスポーツ種目がある中で、唯一共通する体の動きがあります!

その動きについては、次回書かせて頂きます! お楽しみに!!

 

トレーナー 大坪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタッフが最近読んだおすすめ本

IMG_3947

イチロー選手を始め、多くのアスリート達が導入している初動負荷トレーニングについての本です。
柔軟性、反射機能の促進、神経筋制御の向上に効果があるトレーニングなので、ケガのしにくい
体作りが期待できると思います。
プロ野球のレジェンドである山本昌投手も取り入れているそうです。

パーソナルトレーナー 横井

 

当施設で行うパートナーストレッチについて 2

DSC08604

 

 

前回に引き続き、今回も当施設で行うパートナーストレッチについて書かせていただきます。

 

今回は、私たちトレーナーが皆様に行うパートナーストレッチと、

ご自身で行うセルフストレッチがどのように違うかについて説明していきたいと思います。

 

ご自身でストレッチを行ったことがある方なら感じたことがあるかと思いますが、

ストレッチをしていて筋肉がある程度伸びてくると、少し痛いと感じるポイントがあります。

必ず誰しも可動域に限界がありますから、このポイントはその可動域が限界点に達した証拠です。

多くの方が力を加減してしまい、この少し痛いというポイントまでは伸ばすことができていません

少し痛いと感じる一歩前の気持のいいポイントで終えてしまっているのです。

 

しかし本来ストレッチは、この限界点に近いポイントまで伸ばしていかないと

本当の意味で筋肉が伸びたとは言えず、体の可動域も広がってはいかないのです

このようにセルフストレッチですと、筋肉がしっかり伸びていない状態で終わってしまうのですが、

私たちトレーナーが行うパートナーストレッチですと、その方の限界点に近いポイントまで

しっかり伸ばしていくので、体の可動域も徐々に広がっていくのです。

もちろん、限界点近くまで伸ばすと言いましても、力任せに伸ばすというわけではなく、

その方の可動域をしっかり考慮して行いますのでその点はご安心ください。

 

体が柔らかくなると、関節の可動域が広くなるだけでなく、全身の血流が良くなったり、

肩こりが緩和したりと、体にとって様々な良い効果がありますので、

初めての方はぜひ当施設のストレッチを楽しみにお越しください。

 

トレーナー 大坪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタッフが最近読んだおすすめ本

「骨盤おこし」で身体が目覚める 

この本のテーマである「骨盤おこし」は、人間の様々な「身体の癖」を解放する方法であると紹介されています。
身体に問題を抱えている人や、スポーツ(競技)などでよりよい成績を収めたい人、人間の身体を深く追求したい人にはとても興味深い内容になっています。
やはり股関節の使い方が重要ということでした!!

パーソナルトレーナー 新城

 

当施設で行うパートナーストレッチについて 1

1230-001

 

 

当施設では、トレーニングが終わった後に、すべての方にパートナーストレッチを

かけさせていただいております。

この目的としては、筋肉の “柔軟性向上” と “疲労回復” のためです。

 

トレーニングをしている多くの方が、筋肉を鍛えるだけで終わってしまっていますが、

じつは体作りをしていく上ではトレーニング後の体のケアがとても重要になります

 

なぜケアが重要かと言うと、トレーニングをした直後は乳酸などの疲労物質が

まだ体内に溜まったままです。この状態で終わってしまうと、体の疲労感がなかなか抜けず、

スポーツでのパフォーマンスなどを落としてしまうのです。

そればかりか、疲労物質を溜めたままの状態が続けば、場合によっては筋肉は

硬くなり柔軟性を失ってしまうこともあります

筋力が強化されても、柔軟性を失ってしまっては最大限のパフォーマンスは

発揮できないので、やはり鍛えた後はケアがとても重要なのです。

 

また、実際に当施設でパートナーストレッチを受けてみていただくと分かるのですが、

「今までこんな所の筋肉伸ばしたことない!」

「自分の体はここが硬いんだな!」

「本当のストレッチって、こんなにしっかり伸ばすんだ!」

など、様々な新しい発見ができるので、そういった所もぜひ楽しんでみて頂ければと思います。

 

次回、私たちトレーナーが皆様に行うパートナーストレッチと、

ご自身で行うセルフストレッチがどのように違うか書かせていただきます。

 

トレーナー 大坪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタッフが最近読んだおすすめ本

おすすめ本-001

タイトルの通りですが、ダイエットを医学的な側面から分析した本です。

少し難しい内容もありますが、「体重は脳がコントロールしている」という項目では、

これまで自身で行ってきたダイエットと照らし合わせて、思わずなるほどと頷かせられました。

最近のダイエット本にはあまりないマニアックなことが書かれてあり、なかなか面白かったです。

パーソナルトレーナー 大坪