完全個別指導のパーソナルトレーニング専門ジム。アームリングパーソナルジム・運動・体操教室(文京区、千駄木・茗荷谷)

ゴルフトレーニング

ゴルフの正しい身体の使い方を提供します【ゴルフ個別トレーニング】

ゴルフトレーニングの概要

スポーツで行う動作の本質は、ゴルフだけが特別ではありません! !

ゴルフをされる方はよく、「ゴルフだけは特有の動きがあって、その特有の動きを身に付けなくてはいけない」と考えがちです。
しかしスポーツは全て、種目こそ違えど動きや身体の使い方は共通していることが多いと、我々身体の専門家は考えます。
そして向上のために伝えることは、至ってシンプルです。
「身体が効率よく動き、力(パワー)を伝えることができる動作を身に付けること」
できる限りシンプルに落とし込むからこそ、ゴルフ(スポーツ)の現場で使えることができるのです。
ですから当施設で行うトレーニングは、既存のゴルフトレーニングで行うこととはかなり違う内容になることと思います。
どのスポーツにも共通して重要な要素を身に付けてもらうこと。
それこそが本質だと私どもは考えております。

ゴルフを上達に導くために、
身に付ける必要がある3つのこと

ゴルフのためのトレーニングを行う目的は、人によって様々かと思われます。
しかし、習得すべきことは例外を除き、ほぼ同じものです。 それは、これからあげるの3点の習得です。

すべては、理にかなった動作を身に付けること

身体の使い方

効率的に動けるようになるために。関節の角度や使うべき筋肉などの習得。

身体の使い方に関して、皆様長年にわたる癖がついていることが多いです。

  • その癖を修正すること。
  • 身体の使い方を身に付けていくこと。

この二つを同時並行で進めていきます。
そのため、一番習得に時間がかかり、また、一番個人差があるものとなります。
しかしここをじっくり作り込むことが全てのカギになります。

身体の使い方に自分自身のこだわりが強い場合、習得ができないことがあります。
そのような場合には、相談の上、一旦パーソナルトレーニングを中断させていただくことがあります。

力の使い方

最も効率的な力の伝達の仕方を習得する。

力の「伝達」については意外と考えないことかもしれません。
例えばスイングに関して。
ゆったりふるのか、素早くふるのか、どちらがよりよく力を伝えることができるのか・・・疑問な方は多いはずです。
ここにも、上達への明確な答えがあるのです。

イメージ(脳)の使い方

すべての身体のコーディネーションは
脳が司っていることを知り、その方法を習得する。

身体の使い方ばかりでは、うまく動くことができないのが人間。
脳の機能をできるかぎり簡単に理解して、それをゴルフで生かします。
これも、全スポーツに共通する脳の使い方になります。

トレーニングとは、どのように進めていくものか

センターピン理論

トレーニングの進行に関しては「極めて効率的に行うこと」が大事になります。
やみくもに刺激を身体に与えても効果が薄いばかりかマイナスになることもあります。
イメージとして一番近いのは、ボウリングのセンターピンを倒すイメージです。
「センターピンを倒せば、サイドピンも倒れる」のです。
トレーニングにおいても、センターピンとなるものがあります。
そこを重点的に磨きます。
センターピンとなる項目を磨けばよいので、習得する項目はそれほど多くはありません。

センターピン理論

「重要なことを優先的に磨く!」

得られる効果

飛距離アップ・再現性の向上・ケガをしない身体に

なぜ飛距離がアップするのか

飛距離に関しましては多くの方が関心をもたれていることと思います。
ここでは、反対になぜ、「飛距離がアップしないのか」ということを考えていただきたいと思います。

当施設にも飛距離に関して悩みを抱えている方が多くいらっしゃいます。
そのような方の多くが、「基本の身体の使い方が間違っている」というケースが多いのです。

しかしゴルフ界は多くの情報が氾濫しており、その中のワンポイントレッスン的なものを取り入れてたまたま上手くいったものを信じる。
後に上手くいかなくなったらまた違うテクニックを取り入れる・・・という悪循環におちいってしまうのです。
ゴルフではなく別のスポーツで考えればわかりやすいのですが、一部分のテクニックの習得は付け焼刃でしかなく、正しい身体の使い方の習得なくして向上はないはずなのです。

「正しく身体を動かす方法を習得すれば、力を発揮できる」のが「人間の身体の仕組み」なのです。
身体を正しく動かせば飛距離は自然とアップするのです。

ゴルフにかかわらず、別のスポーツでもこの「自然にアップする」ということが重要なのです。

飛距離アップ
なぜ、再現性が向上するのか

身体の効率的な動かし方には、パターンが存在します。
いわゆる、「型」というやつですね。
その動かし方のパターンがあるからこそ、反復練習が役に立つのです。
いつも情報にふりまわされて流行りの打ち方をなんとなく真似て練習場で試してみている。
これは、反復練習ではなくただの試し打ちなのです。

そして、動かし方のパターンだけでなく、身体の使い方にも特有のパターンがあります。
これらのことを、「できるだけシンプルに身体に落とし込む」ことが重要になります。
シンプルであればシンプルであるほど反復練習は実となり効果を発揮します。

まずは、正しいパターンを確立することです。反復練習をつむだけという状態にするのです。
当施設では、人間が力を発揮する身体のパターンをシンプルに落とし込むことで、「なにをやるべきなのか」をわかる状態になることを目指します。
何をやるかがわかれば、後は繰り返すだけなので再現性は当然向上するのです。
それが、人間の身体の仕組みです。

なぜ、ケガをしない身体を獲得できるのか

ケガをしやすい身体というのは、無理がある使い方をしているということです。

股関節などの重要なパーツを使えず、腕力に頼ったパワーの出し方をすれば当然身体には大きな負担がかかります。
人間は、一部分の筋肉を使って大きな力を発揮することはできない構造になっているのです。
重要なのは「連動性」。
どこの筋肉を使って打つということではないのです。
全身の筋肉を使って、いわば連動性を使って打つことができるようになることが大事なのです。
連動性を習得できれば、ケガなどの弊害は起こりづらくなります。

当施設では、連動性が高い動きをできるだけシンプルに落とし込んで、習得していただきます。
シンプルなので、才能の有無は関係ないものと思ってください。
誰しも習得可能です。
多くの方が、ケガから解放されていますので、この動きを身に付けることは大きな価値になることと思います。

実際にどのようなトレーニングを行うのか?

動作改善/加圧筋力トレーニング/ストレッチを使ってゴルフスキルを向上させるというコンセプトでトレーニングを提供いたしております。
以下はトレーニングの一部のご紹介です!

  • ゴルフにおける立ち方(アドレス)の指導

    立ち方に問題があると、全てに問題が生じる可能性があります。
    ゴルフのアドレスにも明確な定義があります。

  • 脊柱(背骨)の回旋を学ぶトレーニング

    正しい動作を繰り返すことで、脊柱の回旋動作が身に付きます。

  • 股関節の動作をゴルフに生かすトレーニング

    股関節の動作は全てのスポーツの基本です。

  • バランス感覚&体幹強化!クッション上での回旋系トレーニング

  • 殿筋の伸張反射(バネ)の強化!プライオメトリクストレーニング

  • 殿筋やハムストリングス(腿裏の筋肉)の伸張反射(バネ)を向上

  • BOXを使用して行う片足ずつの股関節の強化

  • 対角線上の背筋と殿筋を促通(活性化)させるトレーニング

  • 体幹の安定性を高めるためのスタビライゼーショントレーニング

  • ボールを使い、体幹部の感覚を養うトレーニング

  • 関節の柔軟性を向上させるゴルフ用オリジナルストレッチ

  • 動作改善/筋トレ/ストレッチを実際のスイングに生かす トレーニング

当施設は、通常のレッスンプロが在籍してゴルフを教えるスクールではありません。
あくまでもスタンスは、パーソナルジムになります。
体の専門家が、体の正しい使い方を指導してゴルフに役立てるという趣旨になります。
このプランは、ゴルフ初心者から上級者、またはツアープロまでご好評をいただいている当施設の看板コースでもあります。

ゴルフトレーニング
ヘッドトレーナー自己紹介

加藤孝幸

アームリング・パーソナルジム代表
加藤孝幸

私は体の正しい使い方を専門に指導しているパーソナルトレーナーになります。
特に得意分野は、ゴルフのための体づくりになります。
通常のゴルフのレッスンは、受けてもあまり上達しない、あるいはあるところで止まってしまうというものがほとんどです。
それは、なぜかというとゴルフレッスンが悪いわけではなく、技術以前の根本的な体の動かし方をマスターしていないからなのです。
それをマスターすればゴルフは自然とうまくなるものなのです。

私がこのような考え方になったきっかけは、もう10年以上前におこった車いす寸前までいってしまった大けがのせいなのです。
医療ミスも重なり当時は本当に苦しみました。
そして、そのリハビリのために正しいカラダの動かし方を精一杯研究しました。
そして、見事ケガから復活することができました。
しかし、そのあと不思議なことが起こったのです。
趣味で行っていたゴルフの飛距離や方向性が格段に伸びていたのです。
かなり衰えていると思っていたので本当に驚きました。
そして、この正しいカラダの使い方指導は私の仕事の重要な一部分になりました。
現在までプロゴルフファーからアマチュアゴルファーに至るまで3万人近くに指導しております。

ゴルフというスポーツは、最高の人生の友となるものです。
少しでもゴルフを楽しみたい!という方は、体験コースをお受けください。最善を尽くします。

ゴルフ個別トレーニング

初回体験5,500円(税込)
まずは、初回体験コースをお申込みください。
アームリングの初回体験では、レッスン説明と実践の両方をご提供します。
皆様一人ひとりのご希望をお聞かせいただき、“本当に来て良かった!!”と思っていただけるよう、誠心誠意、ご対応いたします。
回数券プラン
4回券 (有効期間3ヶ月) ………… 44,000円
8回券 (有効期限6ヶ月) ………… 86,000円
12回券 (有効期限9ヶ月) ………… 123,000円

※価格はすべて税込みです。

ゴルフトレーニング体験談

正直ゴルフの世界が変わりました

加藤トレーナーの指導を受けるまでは、トレーニングといえば筋力を向上させることと思っており、
ほとんど意味のない筋トレに明け暮れておりました。
その結果、飛距離は落ち、そればかりではなく身体の痛みを伴うことすらありました。
そんな時、支援者のS様から加藤トレーナーをご紹介いただき、正直ゴルフの世界が変わりました。
身体づくりで大事なことは、重たいものを持ち上げるのではなく身体の正しい使い方を覚えること。
そうすれば、筋肉はおのずと強さを身に着けます。

実際に、以前は太ももや腕に筋肉がついていたのですが、
今は股関節を中心としたお尻の筋肉がはっきりついています。
そして、それと連動して体幹部の筋肉もついたので
飛距離は伸びて関節の痛みはすっかり消えました。

加藤トレーナーは、ゴルフのレッスンプロではありませんが、
すべてのゴルファーが一度は習うべきだと思っております。
ゴルフでいえば、頭の位置がどうとか骨盤の角度がどうであるとか、
シャフトがここを通るとかの付け焼刃のテクニックでなく、
本質的なトレーニングの効果に驚くはずです。

プロゴルファー 白石大祐(ツアープロ)
千葉 (入会日:2012年 3月)

やることがわかったという初めて味わう実感

この10年の間、ゴルフを結構な頻度で行ってきたのですが、
悲しいのですが全くと言っていいほど上達を感じることができませんでした。
そればかりか、力むことだけを覚えて飛距離は落ちたと思います。
ゴルフをやめることは考えておりませんでしたが、上達はなかばあきらめていたころに、
友人とラウンドをしたらその友人がとても上達していたのです。
それだけでなく、飛距離も伸びていたのです。
新しいレッスンプロに習っているのかと聞いたところ、
トレーナーについてトレーニングを始めたと言うのです。
そして、その友人から紹介を受けて、ゴルフ特別トレーニングプランを受けることになりました。

受けた最初の感想は、もっと早く受けておけばよかったということです。
ボールを打つことなら、誰だってできるのです。
しかし、正しい身体の使い方でボールを打つことは誰にでもできません。
そもそもが、正しい身体の使い方自体を知らないのだから無理のないことです。
しかし、その正しい身体の使い方を教えてくれる場所があるのだから、
絶対に教わるべきなのです。

現在の、私のゴルフの実力は、
本当に多くの癖がついていたために劇的に上達したとはいいませんが、
以前と比べればはるかに上達したと言えます。
また、やることがわかったという初めて味わう実感があります。
そして、この延長戦上にあらたなる上達があるという、これも初めての実感があります。

このプランは、特にゴルフに迷われている方にはおすすめできます。
もちろん初心者や、まだ100前後の実力の方にもおすすめできるということは言うまでもありません。

文京区 H.A様
(入会日:2018年 1月/男性・50代)

ゴルフにお尻の筋肉なんて使うの?

私がトレーニングを受けた目的は、飛距離の向上でした。
以前は、振っても振っても良くて180ヤードくらいでした。
今考えると、私自身は一生懸命に振っているのですが、
その力がクラブヘッドに連動していなかったのだと思います。

知人の紹介で初めて、加藤トレーナーの指導を受けた時に、
お尻の筋肉がまったく使われていないと指摘されました。
お尻の筋肉が使われていないと体幹部の筋肉も使われないことも教えていただきました。
その時の私は、ゴルフにお尻の筋肉なんて使うの?という感じでしたが
今考えるとあれで競技に出ていたのだから自分が怖くなるくらいです(笑)。
それから、具体的に身体の動作改善に取り組んで、今でははっきりお尻を使う感覚がわかります。
その結果、前では考えられなかった210ヤードの距離が出るようになりました。
もちろん、以前と同じ180ヤードしか飛ばないときもあります。
しかし、それはミスをしたときの距離になりました。
これは私にとって大きな違いです。本当に。
それと、私は、飽き性でもありますので、
このゴルフ特別トレーニングプランで正解だったと思います。

しかし、トレーニングに目覚めた(好きになった)ので、
今は通常のゴルフパーソナルトレーニングを受けております。
トレーニング指導中も終始楽しくて、誰にでもおすすめできる施設だと思います。
目標は、230ヤード!
加藤トレーナーからは、欲張らないようにと言われます(笑)

文京区 H.A様
(入会日:2018年 3月/女性・40代)