体験者の声 ~40代 女性~

203

体験者 Y様 ~40代 女性 ~

アームリングさんのパーソナルトレーニングを受けるようになって一年が経ちました。

当初の目的は、運動不足の解消と3キロ~5キロくらいのダイエットです。

パーソナルトレーニングは、何度か受けたことがあるのですがあまり長続きしませんでした。

しかし、こちらのトレーナーの方々は、本当に親切に指導をしてくれて且つ腕がいいので、

楽しんで継続できています。

体も以前に比べると確実に引き締まっているのを感じます(約3キロ近く落ちました)。

それと、以前から右膝に違和感を持っていたのですが、これもすっかり治りました。

トレーナーさんからは、「体の使い方が良くなれば、膝も当然治りますよ!」と、

言われていたのが現実になったので驚いています。

今は、週一回のトレーニングをこの先も継続しようと思っております。

トレーニングをするととても体が整うというか、体調が良くなるのでとても助かっています。

それと、体力がついたので、マラソンにも挑戦しようと思っています。

その際は、またぜひ宜しくお願いします!

 

「脚が細くみえる人は、お尻とももの裏側を使う」

0089

脚がすっきりとしていて、細く見えることは多くの方が希望していることではないでしょうか?

それでは、どうすれば、このような体型が実現するのでしょうか?

それの答えは、普段使っている脚の筋肉が表側か裏側かにかかっています

もちろん、これだけではありませんが、ダイエットに成功してお腹の脂肪は減っても、

脚がなかなか細くならないことがあります。

これの原因は、日常の動作がももの表側(大腿四頭筋)を優位に使っていることが大きいのです。

階段を登る際に、ももの表側が疲れる方や、膝が痛くなりやすい方は、

ももの表側の使用率が高いといってよいでしょう。

人間の筋肉は、当然のことながら普段使っている筋肉を優先的に発達させます。

このことから、普段からももの表側を使用して動作をおこなっている人はそこが発達していきます。

それだけでなく、ももの表の筋肉を使って動作をすると、

自動的にふくらはぎの筋肉が連動して使われるためこの筋肉も発達します。

筋肉は、両側面を同時に使うことができないという特徴があります。

ですから、ももの前を使うとそれに対になる、お尻からももの裏側が使われなくなります

結果的に、ももの表側を多く使っている人は、ももの表とふくらはぎが太くなり、

お尻が垂れるような体型になるのです

このような、体型は、膝や腰に負担がかかるので、傷害のリスクが高く、

動きが効率的でないために疲れ易いという特徴があります

これとは反対に、お尻からももの裏側を使って動作をおこなっている人は、

ヒップアップして、ももの前の筋肉とふくらはぎの筋肉が落ち(必要分は残ります)、

脚全体が細くなります。

ランナーの体型を想像していただきたいのですが(アフリカのランナーがわかりやすい)、

彼ら彼女らの脚の筋肉は、非常にほっそりしています。

しかし、お尻からももの後ろ側は、しっかりしていることに気づくことでしょう。

ずばり、目指すはこの動きであり、この体型です。

これを実現させるためには、機能的な動きを学び、理解して繰りかえすことが必要になります

当施設のトレーニングは、お尻からももの裏側を使えるようになることを最優先で行っております。

階段を登った後に、お尻からももの裏側にハリを感じることを目指しましょう!

体験者の声 ~40代 男性~

1231

※上記画像は、イメージであり実際の体験者ではございません。

 

~体験者 O様 40代 男性 ~

先日、体験コースを受けて、入会してはや3ヶ月がすぎました。

アームリングさんのパーソナルトレーニングは、とても質が高いことと、

バランスに優れていると思います。

もちろん、トレーニングなのできつい場面はありますが、

その後にストレッチなどで体をリセットしてくれるので終わった後は、

体調がとても良いことに驚きます。

私は、体力が落ちていくことを実感していたので、体力維持が目的で入会いたしました。

まだ、続けて3ヶ月ですが体力維持ではなく、

「向上」しているのを、決しておおげさではなく実感いたします。

それと、運動を全然していなかった私が、

パーソナルトレーニングを受けるようになって血流がよくなったのか、毎日体調が本当に良いです。

以前からアームリングさんのように、マンツーマンでしっかりとしたトレーニングを、

提供してくれるところを探していたのでこちらと出会えて満足しております。

パーソナルトレーナーの先生方も、とても礼儀正しく感じが良いのでいつも感心しております。

ある程度、体力がついてきたので今度はスポーツにも挑戦してみようと思っております。

その際は、また、アドバイスの方をどうぞ、宜しくお願いします。