完全個別指導のパーソナルトレーニング専門ジム。アームリングパーソナルジム・運動・体操教室(文京区、千駄木・茗荷谷)

気になるお尻のしわを改善する方法

おしりのしわイラスト

しわと言えば、「目じり」や「口もと」というように顔のしわを思い浮かべると思いますが、意外と「お尻のしわ」が気になるという方も多いです。周りに相談しにくかったり、どうやってケアしていいか分らないなどもあり、諦めてしまった方もいるかもしれません。今回は、「お尻のしわ」について原因やケアの方法などを解説していきます。

しわはなぜできるの?

しわの主な原因は日焼けと乾燥、ストレスやスキンケア不足などです。しわは,皮膚の弾力性を保っているコラーゲンやエラスチンが加齢や紫外線などによって破壊され,元に戻らなくなるためにできるものです。また、乾燥が原因で水分が不足してできる一時的なものもあります。体の部位によっては筋力不足によって周辺の脂肪、皮膚を支えられなくなり皮膚が寄れた状態が長時間続くことでしわが出来てしまいます。

お尻にしわができる原因

筋力低下

お尻にしわが出来てしまう原因の一つが、筋肉の低下によるものです。年齢とともに筋肉は低下してしまうため、お尻の脂肪や皮膚を支えられなくなり、たるみとしわを作ってしまいます。普段から運動など体を動かす習慣がないと、筋肉は落ちるばかりでお尻は垂れ下がり深いしわが出来てしまいます。

お尻の筋力不足イラスト

座る時間が長い、悪い姿勢

デスクワークなど長時間座った姿勢をとっていると、お尻の血流が悪くなってしまいます。血流が悪くなると皮膚の真皮機能が低下し、皮膚の伸縮もスムーズにいかなくなることで肌質が低下し、しわが出来やすくなってしまいます。姿勢が悪いと骨盤も歪んでしまうのですが、これもお尻の血行が悪くなるので、しわの原因になります。

加齢

全ての肌は、加齢による影響を受けてしまいます。肌の弾力とハリを保つのに必要なコラーゲン、エラスチンなどの成分も、年齢とともに低下していくのでしわができやすくなります。また、紫外線による酸化、糖分による糖化なども、コラーゲンなどを劣化させるのでしわができる原因になります。

お尻のしわのケア方法

お尻のしわを改善するためには筋トレが必須です。筋トレをおこない筋力をつけることで垂れ下がってしまった脂肪や皮膚をもとの位置に戻さなければなりません。鍛えるべき筋肉は、お尻の筋肉で最も大きい「大臀筋」です。大殿筋はお尻を形作る筋肉でもあるので、大殿筋を鍛えることでヒップアップしてお尻の見栄えが良くなるだけでなく、基礎代謝が上がって、お尻についた無駄な脂肪も落ちていきます。無駄な脂肪が落ち、筋肉がつく事で、しわのない張りのあるお尻になります。

筋トレ風景(スクワット)

出来るだけ立つ(動く)

座っている時間が長いと、血流が悪くなりお尻のしわを作る原因になるのは先ほど述べた通りです。仕事が忙しくどうしても席を立てないとしても、最低でも1時間ごとに立ち上がり、体を動かして血流を促しましょう。

姿勢に注意する

正しい立ち方、座り方

スキンケア

しわを予防・改善するには皮膚の乾燥を防ぐことも大切です。加齢により皮脂の分泌が減り、角質層の水分を保つ力が低下します。そうすると皮膚の真皮機能が低下するだけでなく、皮膚の伸縮が悪くなるのでしわができやすくなります。普段から化粧水やクリームなどで保湿を心掛けましょう。また、合わない下着による締め付けや摩擦もしわの原因になるので注意が必要です。

お尻のしわを改善するトレーニング動

お尻のしわを改善するためのトレーニングは、とにかくお尻の筋肉を鍛える(使う)ことが必須です。お尻をピンポイントに刺激を入れるものから、全身の筋肉を連動させるものまで、トレーニング種目は多岐にわたります。ここでは、自宅で簡単に取り組めるトレーニングをご紹介していきます。

  • ヒップエクステンション
  • ワイドスクワット
  • 腿上げトレーニング!
  • プリエ運動

まとめ

しわを作る原因がわかれば、対処法はそう難しくありません。しかし、姿勢など普段から意識しなければならない部分があるので、それなりの時間はかかると思います。解決策はどれも継続的に行わなければ効果がでないので、焦らず取り組んでください。まだ、しわは出来ていないという方も、今のうちから予防のために、ケアに取り組みましょう!

おすすめお役立ち情報

体験コース好評受付中!
お気軽にお問い合わせください

体験コースのお申し込みはこちらから

お電話はこちら
  • 千駄木店03-3824-7871
  • 茗荷谷店03-5981-9664
お電話での受付時間:11時~19時30分
年中無休(年末年始除く)
メールでのお申し込み ご予約フォームはこちら 24時間受付中!