水分補給のお話

-1038

「2%の水分を失うだけで、パフォーマンスは約30%低下する」。

こんなキャッチコピーのついたスポーツ飲料のCMを目にしたことはないでしょうか?

私たちの体の約60%は水分で出来ており、

たった4%の水分を失っただけでいわゆる脱水状態になってしまいます

通常、口からとり込んだ水分は大腸や小腸で吸収された後、

血液や体液となって全身で使われます。

水分は体内に留まることはできず、絶えず尿や汗、呼気となって排出されるため、

脱水症状にならないためにも、とくに夏場など汗をかきやすい時期には、

水分をこまめにとり込むことが必要になります

脱水状態になると、筋肉の機能や心臓の機能も低下しますので、

関連して運動のパフォーマンスも落ちてしまいます。

では水分補給にはどのようなドリンクが適しているのでしょうか。

職場や家にいる時などは、お水が無難でしょう。

お茶やコーヒーにはカフェインが含まれるため利尿作用がありますし、

ジュースやスポーツ飲料は糖質の過剰摂取になるため継続的に飲み続けるには向いていません。

ダイエット時の水分補給は、断然、白湯(さゆ)がおすすめです

白湯を飲んで内臓機能を温めることで、血流が良くなります。

内臓の温度が1℃上がると基礎代謝も約10~12%上がると言われているので、

脂肪が燃焼されやすくなります。

我々も実際に白湯によるダイエットを試みた結果、スムーズに燃焼が進んだと確信しています。

運動時の水分補給については、

運動時間が1時間程度であれば水以外の飲み物を摂取する必要はありません

もし飲むのであれば一般的なスポーツドリンクを薄めて飲むことをお勧め致します。

運動中の水分補給のタイミングの目安としては、20分ごとに約200ml(コップ1杯)程度の、

水分を取るようにすることです

例えば、一般的なマラソン大会では4~5㎞ごと(20~30分程度)に給水所が設けられており、

適切に水分補給ができるようになっています。

このように上手に適切な水分をとることは、体の状態をいいコンディションで保つことにつながります。

のどが渇いた頃には、既に体内の水分減少が深刻になっている場合が多いため、

のどの渇きを実感する前に水分補給をするよう心がけることがコツです

 

体験者の声 ~50代 女性~

0523

※上記画像は、イメージであり実際の体験者ではございません。

 

体験者 I様 ~50代 女性 ~

私のトレーニングに対する目的は、体力アップです。

年々、体力が落ちるのを感じて一年発起して半年前から通っております。

私のトレーニングの内容は、筋力トレーニングと体の動作改善です。

トレーニングをしたことがない私は、パーソナルトレーニングというと、

どうしてもきつい筋力トレーニングを想像してしまうのですが、

こちらで行うトレーニングは、もちろん筋力トレーニングも行うのですが、

関節の動かし方や、筋肉の適切な使い方なども丁寧に教えてくださいます。

通い始めた当初は、股関節や肩甲骨周りの使い方がイマイチわからなかったのですが、

3ヶ月が経った頃、あきらかに階段を上ったときに筋肉の使い方が変わったことを実感しました。

いままでは、モモの前ばかりをつかって膝周りが痛くなっていたのですが、

お尻の筋肉を使っていることを感じられたのです。

それと、効率が良くなったのか、息切れも全然しなくなりました。

体重も、食事制限などはしていないのですが、2キロほど減りました。

以前から、「大きい筋肉を適切に使えるようになれば、自然と引き締まりますよ!」、

とトレーナーさんにいわれていたのですが、本当に引き締まったことに驚いております。

今までは、自分の身体を適切に使えていなかったのですね。

そういった意味でも、こちらのパーソナルトレーニングは誰しも受ける価値があると思います。

通う頻度も、週一ペースで十分といわれているので、私にはこの点も合っています。

今後も、週一のトレーニングを楽しみに通おうと思っております!

 

アームリングで行うトレーニングのお話

DSC04330

皆様からよく「どのようなトレーニングを行うの?」、

という質問が多いので今回は、アームリングで行うトレーニングをご紹介したいと思います。

当施設が考えるトレーニング内容は、体の機能性を高めることを重要視しております。

機能性を高めるのですから、効率のいい体の使い方を覚えてもらうことになるのですが、

実は機能性を高めるようなトレーニングを行うと確実にスタイル(容姿)も良くなるのです

具体的にまずは、股関節を正しく使えるようになることを目指します。

股関節を使えるようになると自然とヒップを使うようになるのでヒップアップします。

また、ヒップを使うようになると、モモの前側を使わなくなるのでここは細くなります。

もちろん、負荷もかけていくので、筋力も確実にアップします

それと、同時進行で、体幹部の安定度を増し、肩甲骨周囲の筋肉の使い方も覚えてもらいます。

このようなトレーニングを、マンツーマン・室内貸切でしっかり行いますので、

運動経験の有無を問いません。目指すべき効果は、「快適な体」を獲得することです

実際にトレーニングを受けてみたい方は、

体験コースをご用意しておりますので、まずはこちらからお申込みください。

店舗は、千駄木店と茗荷谷店のどちらかになります。

http://www.armring.net/postmail/postmail.html#A

対象は、ダイエット・体力向上・関節の痛みなどの改善・ゴルフなどの競技力向 etc

次回以降のブログで目的別のトレーニング内容をご紹介したいと思っております^^

 

※体幹部もしっかり鍛えてまいります。

1158

 

※トレーニング終了後は、ストレッチにてじっくりほぐしていきます。

1233-001

 

体験者の声 ~40代 女性~

203

体験者 Y様 ~40代 女性 ~

アームリングさんのパーソナルトレーニングを受けるようになって一年が経ちました。

当初の目的は、運動不足の解消と3キロ~5キロくらいのダイエットです。

パーソナルトレーニングは、何度か受けたことがあるのですがあまり長続きしませんでした。

しかし、こちらのトレーナーの方々は、本当に親切に指導をしてくれて且つ腕がいいので、

楽しんで継続できています。

体も以前に比べると確実に引き締まっているのを感じます(約3キロ近く落ちました)。

それと、以前から右膝に違和感を持っていたのですが、これもすっかり治りました。

トレーナーさんからは、「体の使い方が良くなれば、膝も当然治りますよ!」と、

言われていたのが現実になったので驚いています。

今は、週一回のトレーニングをこの先も継続しようと思っております。

トレーニングをするととても体が整うというか、体調が良くなるのでとても助かっています。

それと、体力がついたので、マラソンにも挑戦しようと思っています。

その際は、またぜひ宜しくお願いします!

 

「脚が細くみえる人は、お尻とももの裏側を使う」

0089

脚がすっきりとしていて、細く見えることは多くの方が希望していることではないでしょうか?

それでは、どうすれば、このような体型が実現するのでしょうか?

それの答えは、普段使っている脚の筋肉が表側か裏側かにかかっています

もちろん、これだけではありませんが、ダイエットに成功してお腹の脂肪は減っても、

脚がなかなか細くならないことがあります。

これの原因は、日常の動作がももの表側(大腿四頭筋)を優位に使っていることが大きいのです。

階段を登る際に、ももの表側が疲れる方や、膝が痛くなりやすい方は、

ももの表側の使用率が高いといってよいでしょう。

人間の筋肉は、当然のことながら普段使っている筋肉を優先的に発達させます。

このことから、普段からももの表側を使用して動作をおこなっている人はそこが発達していきます。

それだけでなく、ももの表の筋肉を使って動作をすると、

自動的にふくらはぎの筋肉が連動して使われるためこの筋肉も発達します。

筋肉は、両側面を同時に使うことができないという特徴があります。

ですから、ももの前を使うとそれに対になる、お尻からももの裏側が使われなくなります

結果的に、ももの表側を多く使っている人は、ももの表とふくらはぎが太くなり、

お尻が垂れるような体型になるのです

このような、体型は、膝や腰に負担がかかるので、傷害のリスクが高く、

動きが効率的でないために疲れ易いという特徴があります

これとは反対に、お尻からももの裏側を使って動作をおこなっている人は、

ヒップアップして、ももの前の筋肉とふくらはぎの筋肉が落ち(必要分は残ります)、

脚全体が細くなります。

ランナーの体型を想像していただきたいのですが(アフリカのランナーがわかりやすい)、

彼ら彼女らの脚の筋肉は、非常にほっそりしています。

しかし、お尻からももの後ろ側は、しっかりしていることに気づくことでしょう。

ずばり、目指すはこの動きであり、この体型です。

これを実現させるためには、機能的な動きを学び、理解して繰りかえすことが必要になります

当施設のトレーニングは、お尻からももの裏側を使えるようになることを最優先で行っております。

階段を登った後に、お尻からももの裏側にハリを感じることを目指しましょう!

体験者の声 ~40代 男性~

1231

※上記画像は、イメージであり実際の体験者ではございません。

 

~体験者 O様 40代 男性 ~

先日、体験コースを受けて、入会してはや3ヶ月がすぎました。

アームリングさんのパーソナルトレーニングは、とても質が高いことと、

バランスに優れていると思います。

もちろん、トレーニングなのできつい場面はありますが、

その後にストレッチなどで体をリセットしてくれるので終わった後は、

体調がとても良いことに驚きます。

私は、体力が落ちていくことを実感していたので、体力維持が目的で入会いたしました。

まだ、続けて3ヶ月ですが体力維持ではなく、

「向上」しているのを、決しておおげさではなく実感いたします。

それと、運動を全然していなかった私が、

パーソナルトレーニングを受けるようになって血流がよくなったのか、毎日体調が本当に良いです。

以前からアームリングさんのように、マンツーマンでしっかりとしたトレーニングを、

提供してくれるところを探していたのでこちらと出会えて満足しております。

パーソナルトレーナーの先生方も、とても礼儀正しく感じが良いのでいつも感心しております。

ある程度、体力がついてきたので今度はスポーツにも挑戦してみようと思っております。

その際は、また、アドバイスの方をどうぞ、宜しくお願いします。

 

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の違いのお話

image1

たんぱく質は、筋肉はもちろんですが、臓器やホルモン、酵素の材料になるなど、

私たちも体を構成する上で欠かせない栄養素です。

そして、そのたんぱく質には「動物性たんぱく質」と「植物性たんぱく質」が存在します。

今回は、この2種類のたんぱく質にはどのような違いがあるのかを説明してまいります。

たんぱく質が分解された最小の単位をアミノ酸と言います。

たんぱく質はこのアミノ酸が結合してできています。

このアミノ酸は約20種あり、そのうち9種は体内で合成されないため、

食べ物から摂らなくてはいけません。これらを必須アミノ酸といいます。

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の最大の違いは、この必須アミノ酸のバランスにあるのです。

必須アミノ酸のバランスは「アミノ酸スコア」という点数で評価され、

点数が高いほどいわゆる「良質なたんぱく質」であるとされます。

動物性たんぱく質は全体的にこのスコアが非常に高く、

このことはたんぱく質源として優れていることを意味しています。

代表的な動物性たんぱく質である、肉類、卵、魚類などはアミノ酸スコア100の食物です。

それに比べて植物性たんぱく質は、最も高いものでも大豆の86で、ジャガイモが68、

精白米は65といったように決して高いスコアとはいえません。

では、動物性たんぱく質の方が圧倒的に良質な感じがしますが一概にそうとも言い切れません。

肉類などの動物性たんぱく質ばかり摂っていると、

脂質などの余分なエネルギーまで摂ってしまう恐があります。

現在日本では生活習慣病が増え続けていますが、

その原因の一つに肉類の摂取量の増加があると考えられています。

それに対して植物性たんぱく質は、脂質などがほとんど含まれていないので、

余分なエネルギーを抑えてたんぱく質を摂ることができます。

また植物性たんぱく質では大豆に含まれるイソフラボンが、女性ホルモンに似た働きをするため、

肌がきれいになるなど、女性にとって嬉しい作用があるとされています。

このように動物性たんぱく質と植物性もたんぱく質の違いの一面をご紹介しましたが、

摂取をすることを考えると、バランスを心がけることが最良かと思われます。

フルマラソン無事に完走いたしました!

 

DSC03128

今年も、宮古島フルマラソンにてスタッフ全員無事完走いたしました。

しかし、フルはいつ走っても楽になりませんね^^;

この、フルマラソンに挑戦するようになって体調面の管理や、

トレーニングメニューの組み立てなどに関して、

実践を通して向上したように思います。

これらのことは、皆様へのトレーニング指導面においても確実に反映されています。

我々パーソナルトレーナーも、皆様を指導するだけでなく、自分自身も実践を重ねることで、

はじめて皆様の気持ちが理解できて、生きた指導ができるというもの。

それが、体づくりやダイエット、ゴルフなどを頑張っている方に対する、

質の高いトレーニング指導の元になるのだと思います。

来年のフルもこの調子で、さらなるバージョンアップを重ねて頑張っていきます!

 

DSC03070

 

年を重ねると体重が落ちにくくなるのはなぜか

DSC02509

20代のころは何を食べてもそんなに太らなかったのに、30歳を過ぎると、

食事に気を付けても「なかなか痩せることができない・・・」と悩む方が多いですよね。

今回は歳を重ねていくとなぜ?体重が落ちにくくなるのかを解説していきます。

体重が落ちにくくなる原因は、食生活、生活環境の変化、運動量の減少、ストレス、

睡眠不足など様々な原因があるかと思いますが、歳を重ねると痩せにくくなる原因は、

基礎代謝の低下が大きな原因と言えます。

基礎代謝とは呼吸や心臓の動き、保温など人間が生きていく為に常に使っているエネルギーの事で

す。

その基礎代謝のうち4割は筋肉で消費されていて、

残りの6割は心臓・肝臓、脳などの臓器でエネルギーを消費しています。

臓器を鍛えることはできないので、全体の4割分の基礎代謝を担う筋肉を、

筋トレをして増やすことで上げていくことが賢明です。

基礎代謝だけでなく日常の運動量(活動代謝)も、気づかないうちに変わっていることと思います。

ちょっとどこかへ行くとき、20代なら小走りで行ったのが、今はブラブラ歩いて行くか、

他の人についでにお願いしたりしていませんか?

また、階段を駆け上っていたのが、今はエレベーター・エスカレーターを使う、

ショッピングで歩いて見て回る店が減った、すぐ座るなど思い当たるふしがあると思います。

ちょっとしたことの積み重ねで、一日の消費エネルギーは激減します。

また、体重が増え、かつ筋力が落ちたせいで動くのが面倒になり、

それが体重増加と筋力低下に拍車をかけるスパイラルになっていくのです。

基礎代謝が高ければ、活動代謝も当然高まるので、

ちょっとした運動でもエネルギーを消費しやすくなります。

ですから、普段から筋トレを行い、階段を使い歩くなどの日常の工夫が必要なのです。

代謝が落ちているのに、食事の量が変わらないのでは当然太ってしまいます。

運動で代謝を上げ、または維持し食生活を改善すれば、体重を落とすことはできるのです。

 

このように、筋肉は年齢と共にほっておくと落ちていきます。

しかし、トレーニングでそれは確実に補えます。

そして、できれば意識的に日常の動く量を増やせば、

以前より引き締まった体を手に入れることも夢ではありません。

年齢と共に体重が増えていってしまった方には、ぜひ筋トレをおすすめいたします。

しっかり筋トレの指導を受けると、意外と筋トレの楽しさがわかるかもです^^