文京区千駄木、茗荷谷で指導を行うパーソナルトレーニングジム【アームリングパーソナルジム】

千駄木店
茗荷谷店
体験コースの申し込みはこちら
千駄木店
茗荷谷店

肩甲骨周辺の筋肉が硬いと太りやすい?!痩せ体質な体にする為のポイントを徹底解説!

肩甲骨には、首・肩・背中に関わる数多くの筋肉が付いている為、肩甲骨を動かす事で多くの筋肉が働き、血液循環が良くなりいわゆる「こり」の解消につながります。また基礎代謝が高まるので、脂肪燃焼効果の高い「痩せ体質」な体を手に入れる事が出来ます。 今回は、肩甲骨周辺の筋肉が硬いと太りやすい原因と痩せ体質にする為のポイントをご紹介致します。

肩甲骨周辺の筋肉群

肩甲骨周辺には、数多くの筋肉が存在しています。大きく分けて、「アウターマッスル」と「インナーマッスル」に分かれます。簡単にご紹介していきます。

肩甲骨周辺のアウターマッスル

肩は、股関節や膝関節のように大きな関節が骨に支えられている部分があるのに対して、肩関節は骨と骨との接触面が小さく、肩甲骨は鎖骨で下に吊り下げられている状態になっています。要するに肩甲骨は背中で宙に浮いた状態で、実に頼りない構造になっています。その代わり関節可動域が広く自由度の高い関節になります。 肩の微妙な動きをコントロールしたり、関節と関節を繋ぎ合わせ安定性を保っているのがインナーマッスルですが、これを更に覆って肩の強度を高めているのがアウターマッスルです。「僧帽筋」「広背筋」「三角筋」がこれに当たります。

肩甲骨周辺のインナーマッスル

肩関節のインナーマッスルは、総称「ローテーターカフ」と呼ばれ、肩甲骨と腕の骨である上腕骨をつないでいる筋肉になります。肩関節の形状は様々な方向に動かす事が出来る「球関節」に分類されます。 メリットとしては、様々な方向に動く事が出来、腕を自由自在に動かす事が出来ます。デメリットとしては、様々な方向に動くので、安定性か悪く関節が外れやすい事が挙げられます。ローテーターカフはその安定性の悪い肩甲上腕関節をスムーズに動くよう安定させる役割を持ちます。 「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」の4つがこれに当たります。

肩甲骨周辺の筋肉群が硬くなる原因

筋肉が硬くなる原因は、2つです。「使いすぎ」と「使わなすぎ」が原因で筋肉は硬くなります。肩甲骨の動きとしては、上下・左右・斜め上下の6つの動作があります。そして肩甲骨は、「腕を上げたところから更に上げる」「腕を前に伸ばしたところから更に伸ばす」など、ある程度大きく動かなければ働きません。

デスクワーク等で長時間、体を動かす機会が減る事、年齢と共に体の動き自体が小さくなってくる事により、肩甲骨が働かず、筋肉が徐々に硬くなります。 また先にお伝えした通り、肩甲骨は、股関節や膝関節のように大きな関節が 骨に支えられている部分があるのに対して、肩関節は骨と骨との接触面が小さく、肩甲骨は鎖骨で下に吊り下げられている状態になっています。

その為、常に腕の重みに耐えていますので、姿勢によっては肩甲骨周辺の筋肉に負担をかけ、使いすぎにより硬くなる事も考えられます。

肩甲骨周辺の筋肉が硬いと太りやすくなる理由

肩甲骨周辺の筋肉が硬くなる事で、太りやすくなる原因をいくつか挙げていきます。

血流が悪くなる

私たちの体についている筋に気は、血液を送り出すポンプの役割を担っています。しかし運送不足等が原因で筋肉が硬くなる事で筋肉が働かず、血流が悪くなります。血行不良になると、内臓や細胞の動きが鈍り、代謝が低下します。 更に老廃物も溜まりやすくなるので、結果的に脂肪の蓄積を招いて太る原因になってしまいます。

可動域が狭くなる

肩甲骨周辺の筋肉が硬くなると可動域が狭くなります。すると肩や腕の可動域が狭まり、筋肉量の減少から脂肪がつきやすい状態になります。また血流も悪化するので老廃物が溜まりやすくセルライトが出来る原因ともなります。

姿勢が悪い

現代では長時間のパソコンやスマートフォンの使用が増えた事により座っている時間が増え、日常生活で体を動かす機会が極端に減りました。画面を覗き込むような姿勢で過ごしている時間が多いと、首、肩、背中などの筋肉がその姿勢のままこわばり硬くなります。実は首や肩、背中には、脂肪を燃料させる筋肉が多く存在しているので、その筋肉が硬くなり、働かなくなると代謝が下がり、太りやすくなります。

熱を生み出し脂肪燃焼させる「褐色脂肪細胞」

肩甲骨の周囲には、「褐色脂肪細胞」が密集していると言われています。 元々、脂肪細胞には「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」の2種類があると知られていました。

白色脂肪細胞には、血液中に増えた脂質や糖を取り込み、エネルギーとして蓄える働きがあります。脂質や糖を取り込みと、大きく膨らみ肥満を招きます。 一方、褐色脂肪細胞は反対の働きをし、脂肪を燃やし、熱を生み出す働きがあります。私達の体では、唯一筋肉が熱を発生させますが、褐色脂肪細胞の熱生産能力は筋肉の70~100倍もあると言われています。 その褐色脂肪細胞は肩甲骨周辺や首の後ろ、わきの下などに密集している事が分かっています。その為肩甲骨を普段から動かで、褐色脂肪細胞が活性化し、痩せやすくなります。

参考動画

  • 肩甲骨ストレッチ
  • 肩こり30秒体操
  • ゴルファー必見
  • 動的ストレッチ

*音声が出ますのでボリュームにご注意ください。

まとめ

正しい歩き方を検索すると、驚く事に正しい歩き方が沢山出てきます。果たしてどれが本当に正しい歩き方であるのかがわからずにご自分に取り入れている方も多いのではないでしょうか。今回お伝えした歩き方は、人間の骨格・筋肉の構造上、こうなるしかないといった歩き方です。「アームリングパーソナルジムではこう教えています」といった独自のメソッドではなく、神様がそう決めた歩き方です。もちろん歩き方には種類があり、例えばモデルの方が行っている歩き方もあります。勘違いしてはいけない事は、その歩き方が間違った歩き方ではなく、普段の生活の中にモデルの方が歩いているような歩き方が必要なのかどうかを考えて欲しいという事です。モデルの方は機能的に歩くというよりも格好良く歩くという事重視しているので、そのような歩き方になるのです。目的にあった正しい歩き方を選択し、本当に自分に必要なものを取り入れて頂ければ幸いです。

おすすめお役立ち情報

体験コース好評受付中!
お気軽にお問い合わせください

体験コースのお申し込みはこちらから

お電話はこちら
  • 千駄木店
    駐車場完備
    03-3824-7871
  • 茗荷谷店03-5981-9664
お電話での受付時間:11時~19時30分
年中無休(年末年始除く)
メールでのお申し込み ご予約フォームはこちら 24時間受付中!