完全個別指導のパーソナルトレーニング専門ジム。アームリングパーソナルジム・運動・体操教室(文京区、千駄木・茗荷谷)

大きいお尻は嫌!ダイエットでお尻を小さくする方法!!

お尻が大きくて悩んでいるという方は少なくありません。そんな悩みを抱えている人のために、痩せてお尻を小さくできる、そんなダイエット方法を解説します。大きな四角いお尻から、キュッと引き締まった形の良いお尻を目指しましょう。

お尻が大きくなる原因は?

お尻が大きくなってしまうのは、どうしてなのでしょうか?

お尻の筋肉が使われていない

お尻が大きくなる原因のひとつは、筋肉が使われていないということです。お尻の筋肉を使っていないと、筋肉が落ちてしまい形の悪いお尻になります。 お尻の筋肉が弱くなると、基礎代謝も低くなってしまい、脂肪がつきやすい体になってしまいます。お尻にも多くの脂肪がつきますが、筋肉が弱くなっているために脂肪を支えられず、横に広がり大きくなってしまいます。 とくに座ることの多い仕事をしている人は、お尻の筋肉を使う機会が少なく、お尻の筋肉が弱ってしまう傾向にあるので注意が必要です。

骨盤が歪んでいる

骨盤の歪みも、お尻が大きくなる原因になります。姿勢の悪さや、足を組む癖などから、骨盤がゆがんでいる方は少なくありません。骨盤が開くと、腰回りなどに脂肪がつきやすくなるので、お尻が大きくなってしまいます。また、骨盤が歪んでいると、体がバランスをとるために、その部分をかばおうとするため、お尻を含む体の筋肉のバランスが崩れます。そのため、お尻だけが大きくなるなど、バランスの悪い体型になってしいます。

脂肪がついている

お尻が大きいのは、脂肪の蓄積も原因です。お尻には毛細血管がたくさん集まっているので、お尻が冷えてしまうと血行が悪くなります。そのため、老廃物がスムーズに排出されずむくみやすくなります。 また、お尻のむくみを繰り返していると、老廃物がなかなか排出されず、脂肪と結びついて、セルライトができてしまうため、大きくて、垂れたお尻になってしまいます。

小さいお尻を目指すならまずは日々の習慣を見直そう

食事制限のダイエットをしたからといって、お尻が小さくなるとは限りません。日常生活の癖や運動不足が、お尻が大きくなってしまう原因になるので、日々の習慣を見直しましょう。

正しい姿勢を心がける

姿勢が悪いと、骨盤が歪んで、お尻が大きくなる原因になります。お尻を小さくするためには、正しい姿勢で生活するように心がけることが大切です。正しい姿勢でいるだけで、お腹やお尻が引き締まるのでダイエットにも有効です。 猫背になったり足を組むなどの姿勢は、骨盤の歪みの原因になるので、椅子に座っているときも背筋を伸ばして、足は組まないようにしましょう。
立っているときも、体の片方に重心を置く癖があるなら、両足に重心をかけるようにしましょう。また、正しい歩き方を心がけ、極力骨盤のゆがみを予防するようにしましょう。

お尻の筋肉を意識して使おう

お尻の筋力が落ちないために、普段からお尻の筋肉を意識して使うことで筋力を維持または強化しましょう。普段、座ってばかりや立ちっぱなしの仕事をしている場合でも、お尻に力を入れてあげると、お尻の筋肉を鍛えることができます。 数分間お尻に力を入れて、その後、リラックスするというのを繰り返すだけでも、お尻の筋肉を強化することができるので、意識して行ってみましょう。
また、お尻を小さくするためには、普段から階段を使うことをおすすめします。階段を上り下りすると、足だけでなく、お尻の筋肉を強化することができます。

体を温める

体が冷えると、血液やリンパの流れが悪くなり脂肪がつきやすくなるので、ダイエットのためにも体を温めるようにしましょう。体を温めるために意識したいのは、通年通して湯船に浸かることです。1日の終わりに冷えた体をしっかりと温めれば、血液やリンパの流れが良くなって、代謝がアップします。代謝がアップすれば、お尻についた脂肪も燃焼しやすくなるので、お尻を小さくしダイエットを成功させるためには湯船に浸かることをおすすめします。また、体を温める食品を食べるのもおすすめです。ショウガやネギ、ニンニク、ニラなどを意識して食べるようにして、体を内側から温めるようにしましょう。寒い地域や冬にとれる野菜や果物は、体を温めるものが多いので、それらの野菜や果物を食べるようにしましょう。

たんぱく質をしっかり摂る

たんぱく質は体のほぼ全ての機能に関わりがあり、特に大きな役割の一つが筋肉をはじめとした体の組織の材料になっていることです。ダイエットでは代謝を上げることが鍵になるので筋肉の材料であるたんぱく質を積極的に摂ることが大切になります。せっかくお尻を小さくするためにトレーニングを頑張っても、たんぱく質が足りなければ、お尻についた脂肪も燃焼されないどころか、筋肉もつきません。1日に摂取すると良いたんぱく質の量は18歳以上の男性が65g、女性が50g摂取することが推奨されています。

お尻ダイエットに有効なトレーニング動画

  • ヒップエクステンション
  • 【自宅で簡単お尻トレ、ストレッチ】
  • 【日常生活で筋トレ】
  • 【簡単筋トレ】
  • 【お尻を鍛える! 】

*音声が出ますのでボリュームにご注意ください。

まとめ

日頃の生活の何気ない習慣が、お尻太りを招いている可能性があります。お尻小さくし、ダイエットを成功させるためには、お尻の筋肉を使うことを意識し、骨盤の歪みをとるようにしましょう。また、しっかりたんぱく質を摂り筋肉を増やし、体を温めて、脂肪が燃焼しやすい体づくりをすることも大切です。

おすすめお役立ち情報

体験コース好評受付中!
お気軽にお問い合わせください

体験コースのお申し込みはこちらから

お電話はこちら
  • 千駄木店03-3824-7871
  • 茗荷谷店03-5981-9664
お電話での受付時間:11時~19時30分
年中無休(年末年始除く)
メールでのお申し込み ご予約フォームはこちら 24時間受付中!