完全個別指導のパーソナルトレーニング専門ジム。アームリングパーソナルジム・運動・体操教室(文京区、千駄木・茗荷谷)

股関節のしくみ ~股関節伸展に作用する筋肉~

股関節のしくみ 股関節伸展に作用する筋肉

股関節は、人間の体に中で最も大きい関節となっており、周辺の人体や筋肉と共に協調しあい働きます。股関節は球関節という三軸構造になっており非常に自由度の高い関節です。股関節の動作には「屈曲・伸展・外転・内転・外旋・内旋」があり、その中から今回は股関節伸展に作用する筋肉について徹底解説していきます。

股関節伸展の概要

股関節は寛骨と大腿骨で構成される関節です。ちなみに寛骨とは、骨盤の主体になっている骨で、一つに見えるのですが元は3つに分かれている骨です。思春期くらいでは、腸骨、恥骨、坐骨という3つの骨に分かれており、各骨の間を軟骨が埋めています。成人期には、その軟骨が徐々に硬い骨に代わり一つの骨になります。 股関節は肩関節と同じ球関節で、大腿骨の丸い骨頭(ボール)が骨盤の臼蓋(受け皿)も組み合わさって出来ています。 股関節伸展は、直立状態から足を後ろに引く動作の事を指し、股関節屈曲と比べると可動域が少なく、正常で20°までと言われています。

股関節伸展に作用する筋肉

股関節伸展の際の主動作筋は「大臀筋とハムストリング」になります。ハムストリングに関しては、すべての筋肉が股関節伸展に作用する訳では無く、内側ハムストリングの半腱様筋、半膜様筋と大腿二頭筋長頭が2関節筋である為、股関節伸展作用を持っています。 まずはこれらの筋肉についてご説明していきます。

大臀筋

大臀筋は、臀筋群の中で最大の筋肉で、臀部の最表層に走行する筋肉です。大臀筋には、股関節伸展、外旋、外転、内転の作用がありますが、この中でも股関節の伸展の際に、最も強く収縮します。 また腸脛靭帯に付着する事から、大臀筋が収縮する事で膝関節を固定する補助筋としての働きも持っています。そして大臀筋は重力に対して姿勢を保持する、抗重力筋としての役割もあります。

半腱様筋

半腱様筋は、半膜様筋と共に内側ハムストリングを構成する筋肉で名前の通り腱の様な細長い筋肉です。主に膝関節の屈曲筋や内旋筋として働きます。半腱様筋は股関節と膝関節とまたがる2関節筋である為、股関節の伸展にも作用し、股関節の内旋にも補助的に作用します。

半膜様筋

半膜様筋は、半腱様筋と共に内側ハムストリングを構成する筋肉で、半腱様筋とは異なり、薄い膜状の形状を持つ筋肉です。 作用としては半腱様筋とほぼ同じで、膝関節屈曲と内旋、股関節伸展と内旋に作用します。

大腿二頭筋長頭

大腿二頭筋長頭は、短頭と2頭を持つ筋肉で、2つ合わせて外側ハムストリングと呼ばれています。短頭は、大腿骨に起始を持つ単関節筋である為、股関節の運動には関与しませんが、長頭は股関節と膝関節にまたがる2関節筋なので、股関節の運動にも作用します。 短頭と共に膝関節屈曲に作用しますが、長頭だけは独立して股関節伸展や外旋に作用します。

股関節伸展に作用する筋肉

股関節伸展の補助筋

股間節の伸展運動は、大臀筋とハムストリングスで行っていますが、伸展運動を補助的に支える筋肉も存在します。股関節の伸展は可動域が少ないのでそれほど多くの筋肉がかかわっている訳ではありません。

大内転筋

大内転筋は、長内転筋・短内転筋・薄筋・小内転筋・恥骨筋と共に内転筋群を構成し、股関節の内転に作用する筋肉です。内転筋群の中で股関節伸展の作用を持つのは、この大内転筋だけです。

中臀筋

主な作用としては股関節外転ですが、大きな筋肉の為に股関節のあらゆる運動に関与します。中臀筋前部は股関節屈曲の補助筋として、中臀筋の後部は股関節伸展の補助筋として作用します。

股関節伸展の補助筋、大内転筋 

中臀筋前部

中臀筋は全体として股関節の外転(足を外側に広げる動作)に働く筋肉ですが、中臀筋の 前部のみ股関節の屈曲に補助的に作用します。

股関節内転筋群

股関節伸展の拮抗筋

股関節伸展筋の拮抗筋は、「腸腰筋」になります。腸腰筋は2つの筋肉で構成されます。骨盤と大腿骨を結ぶ腸骨筋、腰椎と大腿骨を結ぶ大腰筋になります。 それぞれ長く大きな強力な股関節屈曲筋ですので、これらの筋肉が硬いと股関節伸展の可動域が制限されてしまいます。そして股関節の運動だけではなく、腸腰筋と大臀筋は骨盤を前後から支える筋肉でもあります。 立位保持の為に重要な役割を果たす為、股関節伸展筋と同時に拮抗筋である腸腰筋も考える必要があります。

まとめ

股関節伸展の際の主動作筋は「大臀筋とハムストリング」になります。股関節の屈曲程可動域が広くはないので、多くの筋肉が関与している訳ではありませんが、補助筋や拮抗筋がうまく協調し合い股関節伸展の動きを微妙に調整しています。

大臀筋やハムストリングスは抗重力筋としても重要な役割を担っていて、立位姿勢の保持に関わる筋肉です。また別名アクセル筋として、前方に力を発揮する為に必要不可欠な筋肉ですので、日常生活やスポーツ競技の際に使う機会が非常に多くなります。その為股関節伸展筋を普段から意識して生活する事をオススメします。意識を高める為に以下の動画を参考にしてみて下さい。

股関節伸展筋 別名アクセル筋

参考動画

  • プリエ運動
  • お尻の引き締めに効果的!
  • 走る前に刺激を入れよう!
  • 刺激を入れて走ろう!

おすすめお役立ち情報

体験コース好評受付中!
お気軽にお問い合わせください

体験コースのお申し込みはこちらから

お電話はこちら
  • 千駄木店03-3824-7871
  • 茗荷谷店03-5981-9664
お電話での受付時間:11時~19時30分
年中無休(年末年始除く)
メールでのお申し込み ご予約フォームはこちら 24時間受付中!