完全個別指導のパーソナルトレーニング専門ジム。アームリングパーソナルジム・運動・体操教室(文京区、千駄木・茗荷谷)

ダメなパーソナルトレーナーと優秀なパーソナルトレーナーの見分け方

パーソナルトレーニングで効果的に成果を出すためにも、トレーニングはトレーナー次第で結果を大きく左右します。できるだけ優秀なパーソナルトレーナーを選べるよう、今回は選んではいけないダメなパーソナルトレーナーの特徴、優秀なパーソナルトレーナーの見分け方をご紹介します。

ダメなパーソナルトレーナーにありがちな特徴

コミュニケーション能力が低い

パーソナルトレーナーは「接客業」ですので、コミュニケーション能力は重要です。コミュニケーション能力が低いと、トレーニング方法の説明も分かりにくくなってしまいます。メニューの内容そのものの質は良くても、その仕組みや、やり方をうまく説明できないと、お客様は効果的にメニューを実施できず、効果も出にくくなります。また、話す能力だけでなく「聞く能力」も、コミュニケーション能力に含まれる重要な要素です。聞く能力が弱いパーソナルトレーナーは、適切なカウンセリングを実施して、お客様のニーズを聞き出したり、モチベーションを管理したりできなくなってしまいます。その結果、お客様の体の特徴やコンディションに合った適切なメニューを組めなくなってしまいます。

トレーナーの体つき

トレーナーの体つきは、お客様に与える第一印象に影響を与える大きな要素です。トレーナー自身が、自分のトレーニングがおろそかになってしまい、体がたるんでいては「ダメなパーソナルトレーナー」と見られても仕方がありません。とは言ってもムキムキである必要も全くなく、痩せすぎず太り過ぎずといったバランスの良い体型であれば特に問題ありません。

知識が少ない

自分のカンや経験などにばかり頼っていて、勉強がおろそかになり、知識が不足している人も、ダメなパーソナルトレーナーです。パーソナルトレーナーに必要な知識は多岐にわたります。人体の仕組みについては、常に研究が進められているので、最新の研究などの情報にも精通している必要があります。また、食事や栄養素についても流行りでコロコロ変わるようでは問題があります。正しい知識をピンポイントで提供でき、お客様に利益のある新しい情報を提供してくれるパーソナルトレーナーを選びましょう。

記録をしない

「あれ?前回、何やりましたっけ」この様なことを言い出すトレーナーも当然ダメなトレーナーです。まさかとは思いますが、意外といるのです。優秀なパーソナルトレーナーであれば、毎回のトレーニング内容を記録し次回のトレーニングの準備を行います。何の準備もせずにトレーニングに取り組むようなパーソナルトレーナーの場合、目標を達成する事は難しいです。

押しつけのトレーニングになっている

人それぞれ目的・目標は違います。ダイエット、筋力アップ、姿勢改善などなど・・・。通常であれば、その目的・目標に沿ったトレーニングを組み立てますが、パーソナルトレーナー自身が信仰するトレーニングを延々と繰り返す事もよくあります。例えば、ダイエットしてほっそりスリムになりたいのに「代謝を上げるには筋肉量を増やす事です!」といって高重量を扱ったトレーニングをやらされ、気が付けば筋肉ムキムキになって、逆に体が大きくなってしまうという事もあります。しっかり目的・目標を理解して、指導してくれるパーソナルトレーナーを選択しましょう。

優秀なパーソナルトレーナーの見分け方

パーソナルトレーナーで大切なことは、お客様に満足して頂けることや不快にさせないことです。

人間性

見た目

人は第一印象で9割決まると言われています。この第一印象は、会った瞬間たった1秒で決まってしまいます。パーソナルトレーナーは、個室で会員様と接する職業です。『笑顔、清潔感、姿勢』といったポイントは、確実に押さえておきたいところです。

柔らかい口調や親しみやすい話し方は、会員様の緊張を解くのにも重要です。会員様が初めてパーソナルトレーニングジムに来店した際、多くの場合は緊張しています。そこでトレーナー側が初対面でいきなり低い声で挨拶した場合、お客様はとても恐く感じると思います。お客様を安心させるようなトーンとテンポで好印象を与えられる事も大切です。

言葉使い

パーソナルトレーナーは接客業。お客様に対して丁寧な言葉遣いができているか?フレンドリーすぎても良くありませんが、安心して話のできることも大切です。敬語が使えないのはもちろん論外です。トレーニングの説明や、体についての説明など、ポイントをわかりやすく解説してくれたり、優しい言葉をかけてくれたりなど、ターゲット層に合わせ、一定の距離感を保ち丁寧な言葉が使えるトレーナーは間違いないです。

知識

体作りの専門家である以上、体の知識が必要なのは言うまでもありません。実際にどんな知識が必要かというと、具体的に次のようなものが挙げられます。 栄養
減量、増量方法
各部位のトレーニング知識
動作改善
競技別トレーニング
疾病改善
ストレッチなどのケア、疲労回復の知識
目標設定などのコーチング知識
とはいえ、これはあくまで一例です。しかもこうした理論は日々多くの研究が行われ、絶えず変化しています。一時期はダイエットの王道とも言われた「糖質制限」も、最近ではその是非について多くの論文が出ているのと同じです。

技術

技術というと、少し幅が広いかもしれませんが、人間的な魅力や、体づくりの知識もこの技術の1つになります。それ以外に重要なのは、お客様のメンタルをケアできる「カウンセリング」の技術です。ダイエットを途中で挫折しないよう、お客様をうまく導く必要があります。お客様の体の状態は、1人1人全く違います。それぞれの状態を把握し、瞬時に対応策を導き出せるかがトレーナーの腕の見せ所です。

まとめ

ダメなパーソナルトレーナーの特徴、優秀なパーソナルトレーナーの見分け方について紹介してきました。パーソナルトレーナーの中には、見様見真似で知識も技術もないパーソナルトレーナーが存在します。パーソナルトレーニングにおいて、パーソナルトレーナーの質は重要なポイントです。目標を達成するか否かを左右する大きなポイントですので、失敗しないためにも優秀なパーソナルトレーナーの元でトレーニングを行うようにしましょう。

自宅で出来るトレーニング動画

  • 『もも上げ』応用
  • 四股踏みトレーニング
  • 片足スクワット運動!

おすすめお役立ち情報

体験コース好評受付中!
お気軽にお問い合わせください

体験コースのお申し込みはこちらから

お電話はこちら
  • 千駄木店03-3824-7871
  • 茗荷谷店03-5981-9664
お電話での受付時間:11時~19時30分
年中無休(年末年始除く)
メールでのお申し込み ご予約フォームはこちら 24時間受付中!