完全個別指導のパーソナルトレーニング専門ジム。アームリングパーソナルジム・運動・体操教室(文京区、千駄木・茗荷谷)

足が細長く見える人は、お尻と太ももの裏側を使う

足が細長く見える事は、多くの女性が目指す理想の体型ではないでしょうか。ではどうすればすらっとした下半身が実現するのかというと普段使っている筋肉が表側か裏側かが重要になります。答えはズバリ「裏側の筋肉」になります。今回は表側を使うとどうなるのか、なぜ裏側を使うと足が細長くなるのか、裏側の筋肉の使い方をお伝えしていきます。

表側の筋肉を使うと足が太くなる!?

人間の筋肉は、当然の事ながら普段優先的に使っている筋肉をより発達させようとします。使用率の高い筋肉は、脳が必要と判断して刺激に耐えられるように強くするのです。足の表側の筋肉は「大腿四頭筋」という太ももの前の筋肉で、主に日常生活動作での働きとしては、車で言う「ブレーキ」の役割を担います。
例えば歩く、走るの動作の際に止まる為に働きます。ちなみに太ももの前は筋肉自体が大きく発達しやすい為、多く使ってしまうと太くなります。また太ももの前と連動して働く「ふくらはぎ」も大きく発達する筋肉になります。筋肉は両側を同時に使う事が出来ませんので、裏側の太ももの裏、お尻の筋肉が使えず筋肉量が減少してお尻が垂れ下がります。すると下半身全体が太くボテっとした体型になってしまいます。

なぜ裏側の筋肉を使うと足が細長く見える?

太もものの前とは反対に、太ももの裏からお尻を使って動作をおこなっている人は、お尻がヒップアップして、太ももの前とふくらはぎの筋肉が落ち(必要最低限は残ります)、足全体が細くなります。
太ももの裏とお尻の筋肉の役割としては、車で言う「アクセル」になります。例えばランナーの体型を想像して頂きたいのですが、足の筋肉はほっそりしていると思います。しかし太ももの裏やお尻の筋肉は、非常に発達しています。(黒人のランナーがわかりやすいです)これは、ランニングに限った事ではないのですが、ランニングは基本的に前にしか進む事がなく、常にアクセルである太ももの裏とお尻を使って走っている為にそのような体型になります。

裏側の筋肉の使い方

では、どうすれば裏側の筋肉を使う事が出来るようになるかというと、「股関節中心の体の使い方」を身につける必要があります。股関節は英語表記にすると「Hip Joint」となります。Hip=お尻という事ですので、股関節を機能的に使えるようになるとお尻の筋肉が使われるようになります。具体的にどのようにすれば使えるようになるかというと「スクワット」で動きを身につける事をお勧めします。
スクワット動作は日常生活動作やスポーツの動作に直結している動作です。スクワットで股関節中心の動きを身につけ、その動作を繰り返し行い、体に覚えこませるとその動きが日常のあらゆる場面で出てくることになります。すると日常生活で自然とお尻や太ももの裏を使う頻度が増えますので、勝手に足が細長くなってきます。※正しいスクワットは動画にてご覧下さい

  • スクワット時の股関節の正しい動きについての解説動画
  • 正しいスクワットが簡単にできるやり方
  • 【スクワットの注意点】必見!膝が出てはいけない理由とは?

*音声が出ますのでボリュームにご注意ください。

まとめ

股関節中心の動作を身につける為には、まずはスクワットで基礎的な動作を覚え、日常生活での体の使い方が非常に重要です。しかし太ももの前側を長年繰り返し使っていると体はその動作を根強く記憶しています。その動作の癖を変えるには多少の時間はかかるとは思います。しかし一度股関節中心の動作に変えてしまうと、例えば自転車の乗り方や泳ぎと一緒で一生忘れることはありません。ただ自転車に乗る為には一生懸命練習した事と思いますので、同様の努力は必要になります。一度腰を据えてしっかり体の使い方を学ぶ価値のあることだと思います。

おすすめお役立ち情報

体験コース好評受付中!
お気軽にお問い合わせください

体験コースのお申し込みはこちらから

お電話はこちら
  • 千駄木店03-3824-7871
  • 茗荷谷店03-5981-9664
お電話での受付時間:11時~19時30分
年中無休(年末年始除く)
メールでのお申し込み ご予約フォームはこちら 24時間受付中!