文京区千駄木、茗荷谷で指導を行うパーソナルトレーニングジム【アームリングパーソナルジム】

千駄木店
茗荷谷店
体験コースの申し込みはこちら
千駄木店
茗荷谷店

トレーニング中に音楽を聴く事のメリット・デメリット ~目的別選曲方法~

日常生活の中で、よく耳を澄ますと様々な所で音楽が取り入れられています。我々はその音楽を何気なく聴いていて、知らず知らずのうちに音楽の影響を受けています。トレーニングジムでも必ず音楽が流れています。ランニングやウォーキング中にも音楽を聴いている方も多いのではないでしょうか。果たしてトレーニング中に音楽を聴く事により、トレーニングにどのような影響があるのかを今回はご紹介致します。

音楽を聴きながらトレーニングをするメリット

音楽を定義するには、3つの要素が必要だと言われています。それは「リズム・メロディー・ハーモニー」です。3つの要素のうち我々動物が最初に体感するのは、「リズム」です。要するに母親のお腹の中にいた時に、心拍によりリズムを認識していたのです。そしてトレーニングにはこのリズム(心拍)を音楽によってうまくコントロールする事で効果的なトレーニングを行う事が可能になります。音楽を聴きながらトレーニングをするメリットを5つご紹介致します。

気分転換になる

人間の心拍数は、1分間に平均60~100と言われています。音楽のリズムも60~100bpmのリズムが心地よいリズムと言われています。心地よいリズムを感じている時は、「ドーパミン」という脳内ホルモンが分泌され、ワクワクした喜びの感情が生まれます。ドーパミンが出る事により幸せな気持ちになり、トレーニングに対する意欲を向上します。また集中力がアップし効率的にトレーニングを行う事が出来ます。

精神安定効果

トレーニング中に音楽を聴く事で、ドーパミンやセロトニンといったホルモンが分泌される為、精神安定効果が得られ、気持ちをコントロールしやすくなります。その結果、トレーニングによる痛みや辛さを和らげる効果や集中力を高めてくれます。トレーニングに限らず、例えば医師や看護師がリラックスして手術に臨めるように執刀中に音楽を流す医師も多いようです

3つのリズムの調和

例えばランニング時には、心拍リズム・呼吸リズム・運動リズムが刻まれています。この異なる3つのリズムが相互に作用して一つに同調する現象を「カップリング」と言います。トレーニング中に音楽を聴くと自然と音楽のリズムに合わせた動きになっていく為カップリングが起こりやすくなります。

モチベーションの維持

日々のお仕事などで疲れているなどでトレーニングを行う気力がない時でもモチベーションが引きあがるような音楽を聴く事により、気分を運動モードへと切り替える事にも大変有効です。好きな音楽を聴きながら運動を行う事で辛さが和らいだり、音楽の方へ意識が向かい時間を忘れて運動し続ける事が出来、長く感じやすいトレーニングの時間を短く感じさせ、苦痛の低減に効果的となります。

カロリー消費が向上する

音楽を聴く事が直接脂肪燃焼に影響を与える訳ではありませんが、音楽を聴く事で運動による辛さが紛れて、パフォーマンスが向上する事が期待出来る為、同じ時間でのトレーニングの場合、音楽を聴きながら実施することにより運動量が向上し消費カロリーが増える事が期待出来ます。

音楽を聴きながらトレーニングをするメリット

音楽を聴きながらトレーニングを行う事によるデメリットももちろん生じます。聞く音楽の選択を間違うとすべてのリズムを狂わせてしまうという事です。するとメリットでお伝えした事の、全く反対の結果に繋がりますので注意が必要です。音楽を聴きながらトレーニングをするデメリットを3つご紹介致します。

リズムを狂わす原因となる

音楽のテンポは、トレーニングのリズムに影響を与えています。特にランニングやウォーキング等のシンプルな動作を繰り返し行う際、走るペースや目的によってそのトレーニングにあったテンポの曲を選択する事が大切です。聴いている音楽のテンポが変わると走るペースが狂い、スピードを維持する事が出来ず、余計な疲労を蓄積する事にも繋がります。近年では、トレーニング用の音楽が販売されていますし、動作サイト等でもテンポやトレーニングの目的に合わせられるように、各bpmで音楽が手軽に聴けるようになっていますので、上手く活用してみてはいかがでしょうか。

音楽に気を取られてしまう

トレーニング中に聞く音楽は、歌詞が聞き取れない曲を選択するようにしましょう。J-POPの日本語の歌詞が耳に入り、無意識で脳内で自然に歌ってしまう事があります。すると音楽を気にしすぎて、トレーニングに対する意識が薄れ、集中力が散漫になってしまいます。その為J-POPよりも洋楽のように、歌詞があまり理解出来ない曲を選択した方が集中出来ます。また歌詞の内容で曲を選択するよりも心地よいテンポで曲を選択するようにすると良いです。

正しい動作の意識が薄れる

慣れていないトレーニングや複雑な動作を身につけるなどのトレーニングでは、音楽を聴き入ってしまうと正しい動作の意識が薄れる可能性があります。また使っている筋肉を意識する事もトレーニングではとても大切な事ですが、その意識も薄れてしまう事もあります。

トレーニングの目的別選曲方法

ウォーミングアップ時

トレーニング開始前は、いかにモチベーションを高めるかが重要になります。「この曲を聴けばテンションが上がる」という一曲を見つけてみて下さい。また好きなスポーツに関係している曲は、聴くだけでその瞬間を思い出し、モチベーションが高まります。オリンピックやワールドカップの際に流れていた曲もその瞬間の興奮を思い出し、ご自分の好きな曲を選択するよりもより一層トレーニングへのモチベーションが高まります。

筋トレ時

筋トレ中は、動作や使用している筋肉の意識を高める事が大切になります。また辛い、きついという瞬間はどちらにしても音楽を聴いている余裕はありません。その為筋トレ中に聴く音楽としては、自分の好きな音楽というよりは、あまり意味が聞き取れない洋楽でアップテンポな曲を選択するようにしましょう。英語が聞き取れる方はその他の言語の曲を選択するようにします。

有酸素運動時

有酸素運動は単調な動作になる為、いかにトレーニング時間を短く感じさせるかで曲を選択すると良いでしょう。屋外でランニングやウォーキングを行うのであればまだ景色を見たり、知らないところに行くなど楽しめると思います。しかし特にトレッドミル等の室内でマシンを使用した有酸素運動の場合、ついどのくらい運動したかを確認するなど時計を見てしまうと時間が長く感じます。有酸素運動時には自分の好きなアーティストの曲、思い出の曲を聴く事で時間を短く感じさせる事が出来ます。また目的とする運動強度の心拍に合わせた曲を聴くようにすると走るスピードを一定に保つ事が出来ます。

クールダウン時

クールダウン時に聴く音楽としては、心拍を抑えリラックス出来るようなヒーリングミュージックを活用しましょう。波の音や風の音、川のせせらぎの音など自然の音を聴く事で心が落ち着き、効果的なクールダウンが行えます。

おすすめお役立ち情報

体験コース好評受付中!
お気軽にお問い合わせください

体験コースのお申し込みはこちらから

お電話はこちら
  • 千駄木店
    駐車場完備
    03-3824-7871
  • 茗荷谷店03-5981-9664
お電話での受付時間:11時~19時30分
年中無休(年末年始除く)
メールでのお申し込み ご予約フォームはこちら 24時間受付中!