文京区千駄木、茗荷谷で指導を行うパーソナルトレーニングジム【アームリングパーソナルジム】

千駄木店
茗荷谷店
体験コースの申し込みはこちら
千駄木店
茗荷谷店

お尻を鍛えるとダイエットが有利になる!?お尻の使い方を徹底解説!

人体の中で最も筋力・体力のある筋肉、それは「お尻」です。ダイエットに限らず、重たい物を持ち上げる筋力や長い時間動ける体力があると体作りは非常に有利になります。そしてお尻は体の中心に位置しているので、上半身と下半身とを連動させる役割も担います。要するにお尻が鍛えられると全身が鍛えられる事になります。極端な事を言うと体作りは、お尻作りなのです。今回は、ダイエットを有利に進める為のお尻の使い方を徹底解説致します。

「筋力と体力が無い」「筋力と体力がある」関節と筋肉

ダイエットを行う上で重要な事は「代謝を高める事」です。代謝が高ければ高い程ダイエットは有利に進んでいきます。その為にダイエットを行う際には、まず動ける体を手に入れる事が必須になります。我々の骨格や筋肉にはそれぞれ役割があります。

「筋力や体力がある筋肉」、「筋力や体力が無い筋肉」どちらも存在します。どちらが良い悪いではなく、その役割を理解して、役割通りに使ってあげる事が大切になります。

「筋力と体力が無い」関節と筋肉

筋力と体力が無い関節と筋肉は、ズバリ「膝関節と太ももの前の筋肉」です。役割としては、車に例えると「ブレーキ」です。立ち止まる、急な方向転換を行う際に主に使用します。

その為、このブレーキを優位に使用していると、動作中常にブレーキをかけている事になりますので「動きたくても動けない」という状態になります。すぐに疲れてしまいますし、高重量を持つ事も不可能ですので、トレーニングの効率が悪くなります。日常生活で膝関節と太ももの前の筋肉を優位に使用している場合は、正しい体作りをしているとは言えません。

「筋力と体力がある」関節と筋肉

筋力と体力がある関節と筋肉は、ズバリ「股関節とお尻の筋肉」です。役割としては、車に例えると「アクセル」で前に進む為に主に使用する筋肉になります。股関節とお尻の筋肉のアクセルを優位に使用すると、動作中常にアクセルを踏んでいる事になりますので、「自然に動いてしまう」状態になります。

非常に体力があり強靭な筋肉ですので、長時間動いたり、高重量を扱う事も可能で、トレーニング効率が格段に向上します。日常生活の動作で股関節とお尻を優位に使えるようにする事が、正しい体作りと言えます。

動ける体を手に入れる事で、自然に痩せられる

動ける体とはどのような状態なのかというと、「関節や筋肉に余計な負担をかけず、楽に体を動かせる状態」と考えます。体作りにおける筋トレに関しても関節や筋肉に対して、我慢をさせたり、余計に酷使させるような体作りは結局続ける事が難しくなってしまいます。また体に無理な負担をかけてしまうと怪我に繋がります。 体作りの基本としては、日常生活を始め、トレーニングにおいても「疲れない事」が大切になります。すぐに疲れてしまっていては、たくさん動く事が出来ずに代謝が上がらずダイエットの効率は悪くなります。

関節や筋肉に余計な負担をかけずに、楽に体を動かせる状態になる事で、体にかかるストレスが減り、それだけでたくさん動けるようになります。たくさん動ければ、代謝も体力も筋力も全て自然とつき、結果自然と痩せてしまうのです。このような痩せやすい体のシステムを一度構築する事でリバウンドするリスクも限りなくゼロに近づける事が出来ます。 我々の日常生活での動作をよく考えてみると前に進んだり、前に力を発揮しています。その為に股関節とお尻の筋肉のアクセルとなる筋肉を優位に使う必要があります。すると体に対する負担が少なく動く事が出来ます。

反対に前に進んだり、力を発揮する際に膝関節と太ももの前のブレーキとなる筋肉が優位に働いていると、前に進みたいけどブレーキがかかっていて進めないという状態になります。しかしそれでも前に突き進んでいく為にすぐに疲れたり、関節に負担をかけ痛めてしまう事になるのです。 股関節とお尻の筋肉のアクセルとなる筋肉を優位に使うには、股関節を中心とした正しい体の使い方を身につける必要があります。

体の連動性を高めよう

体の連動性を高めるには、股関節を中心とした正しい体の使い方を身につける必要があります。我々動物の体は、「一か所の筋肉だけでは体を動かす事は不可能」です。例えばお尻の筋肉だけで歩く事は出来ません。その他の筋肉と協力し合い、歩いているのです。

体作りにおいて最重要事項は「股関節を中心とした正しい体の使い方を身につける」事です。体の中心である股関節(お尻)が使えるようになる事で、その他の筋肉が連動して働くようになります。 その動作を身につけるには「スクワット」を正しく身につける事から始めてみて下さい。スクワットは日常生活動作の全ての根源となる動作です。歩く、走る、立つ、しゃがむ、階段昇降などすべてスクワットになります。 股関節を中心としたスクワットのやり方は、文章でご説明するよりも動画を参考にして頂くと分かりやすいかと思いますので、参考動画にリンクしておきますので、参考になさって下さい。

まとめ

股関節とお尻の筋肉は、別名「アクセル筋」と呼ばれています。常にアクセルを使える動作を身につける事で、自然とたくさん体が動かせるようになり、代謝が増えダイエットは有利になります。 反対に膝関節と太ももの前は「ブレーキ筋」と呼ばれています。常にブレーキを使う動作が身についていると、動きたくても動けないという状態になり、代謝が減りダイエットは不利になります。

ダイエットは代謝を増やす事が必須になりますが、闇雲に体を動かす事だけを考えるのではなく、まず股関節中心の体の使い方を身につける必要があるのです。そして股関節中心の体の使い方を身につけ、お尻の筋肉が使えるようになると、その他の筋肉も連動して働くようになります。 体作りはお尻作りなのです。お尻が変わる事ですべてが変わります。

参考動画

  • 【お尻トレーニング】お尻を鍛える! 正しいスクワットのやり方


  • 【自宅で簡単トレ】片足スクワット!ヒップアップに効果的!


  • スクワット時の股関節の正しい動きについての解説動画


  • 【日常生活で筋トレ】正しい階段の上り方!お尻が鍛えられます!

*音声が出ますのでボリュームにご注意ください。

おすすめお役立ち情報

体験コース好評受付中!
お気軽にお問い合わせください

体験コースのお申し込みはこちらから

お電話はこちら
  • 千駄木店
    駐車場完備
    03-3824-7871
  • 茗荷谷店03-5981-9664
お電話での受付時間:11時~19時30分
年中無休(年末年始除く)
メールでのお申し込み ご予約フォームはこちら 24時間受付中!